サウジの王子が11人も「一斉逮捕」された事情

警察からは逮捕理由は一切発表されていない

「その中には、国際的な地位のあるビジネスマンもいる。もし彼らが捕らえられるなら、誰が捕まってもおかしくない」。こう話すのは、シンガポールのS・ラジャラトナム国際関係学院でサウジアラビアについて研究するジェームズ・M・ドーシーだ。「こうした状況が、投資家からの信頼や、海外からの投資につながることはない」。

しかし、サウジアラビアのニュースメディアはこの逮捕劇を、待望されていた腐敗の一掃であるとして歓迎している。一般には、王族やその仲間が私腹を肥やしていることに対する怒りがあり、そうした人たちにアピールするものでもある。

容疑が何なのか明らかにされていない

逮捕の発表から24時間近くが経った時点でも、誰が逮捕され、容疑は何なのかについて、警察や報道官からの発表はなかった。

国営の衛星テレビ局、アルアラビヤが報じたのは、11人の王子を含む多くの人々が捕らえられたことと、それは「反腐敗委員会」の命令によるものだったということだけだった。同委員会は、ムハンマド皇太子の指示により、摘発のわずか数時間前に結成された。同委員会は国王令により、裁判や手続きや発表なしで個人を拘束し、資産を押収することが認められている。

5日に日付が変わってまもなく、ソーシャルメディアでは逮捕された人々のリストが出回り始めた。そして5日の夜には、政府高官らがそのリストをソーシャルメディアに再投稿するようになった。中東のニュースメディアもその内容を報道し、政府も誰も否定しなかった。

拘束された人の中で政治的に最も有力なのは、元国家警備隊担当相のムトイブ王子だ。サウジアラビア政府は彼を腐敗の新たな象徴にしようと、5日にはソーシャルメディアでキャンペーンを始めたようだ。

次ページ逮捕リストの中には皇太子側近の名も
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • 新型コロナ、「新しい日常」への前進
トレンドライブラリーAD
人気の動画
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
実家が迷惑施設化「7戸に1戸空き家」日本の大問題
実家が迷惑施設化「7戸に1戸空き家」日本の大問題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
持たざる国・日本に大激震<br>エネルギー危機が来る

脱炭素の移行期に化石燃料の争奪戦が勃発。天然ガスの価格は歴史的な急騰を記録しました。余波はサプライチェーンの混乱から世界経済の後退懸念、原発待望論まで広がります。資源小国の日本が生き残る道はあるのでしょうか。

東洋経済education×ICT