サウジの王子が11人も「一斉逮捕」された事情

警察からは逮捕理由は一切発表されていない

元駐サウジアラビア米国大使のチャス・W・フリーマンは言う。「一斉逮捕は、昔のシステムへの最後の一撃だった。いまはすべての権力がムハンマド・ビン・サルマンの手に握られている」。

なぜ、皇太子はいま動いたのだろうか。将来の反対勢力となる人々を抑えるためか、あるいは芽生えつつある脅威を潰すためか。いまはまだわかっていない。

父である81歳のサルマン国王が2015年に王位に就くまで、32歳のムハンマド皇太子にはほとんど政治経験がなかった。これまで王国の変化はゆっくりとしたものだったが、皇太子はそれに我慢ができない。

ムハンマド皇太子の性急さの代償

イエメンとの軍事衝突は長期化しているが、サウジアラビアをこの戦いに導いたのがムハンマド皇太子だ。カタールとの戦いでも同様だった。また、国の補助金や浪費に慣れたビジネスエリートに対し、石油への依存を減らして海外からの投資に頼るという、大胆な経済改革計画を示して対決している。

さらには、宗教界の保守派に対しても、厳格な道徳規範を緩和する政策をとって対抗している。たとえば、長い間禁止されていた、女性による自動車の運転の解禁などだ。

しかし、こうしたムハンマド皇太子の性急さからは代償も生じる。サウジアラビアは、国営の巨大石油会社、サウジアラムコの新規株式公開などを通じて民間からの投資を呼び寄せようとしているが、反腐敗の取り締まりが不透明で正規の手続きを欠いていることから、そうした民間の投資家は間違いなくおじけづいている。

皇太子のさまざまな計画に不安を感じるビジネスマンや王族たちは、今回の逮捕が行われる前にも、静かに資産を国外に移していた。

次ページ警察からは容疑が明らかにされていない?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、「新しい日常」への前進
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 就職四季報プラスワン
  • 見過ごされる若者の貧困
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT