仕事にやりがい「全然ない人、超感じる人」の4大差 「内的動機」がポイント!あなたは大丈夫?

✎ 1〜 ✎ 13 ✎ 14 ✎ 15 ✎ 最新
拡大
縮小
仕事にやりがいを感じられる人とそうでない人の違いはどこにあるのでしょうか(写真:TY/PIXTA)
いまビジネスの世界で、「リスキリング」(学び直し)が注目を集めている。
リスキリングの本質は「変化する社会で、今後必要なスキルや技術を学ぶ」ことで、そこでは「学ぶ姿勢」、すなわち「独学力」が決定的に重要になる──。
30年以上にわたり、人事や人材マネジメントの研究を続けてきた高橋俊介氏が、このたび「社会人の学び方」を1冊で完全解説した新刊『キャリアをつくる独学力──プロフェッショナル人材として生き抜くための50のヒント』を上梓した。同書は、発売後たちまち大増刷するなど、話題を呼んでいる。
世界有数の人事コンサルティング会社の日本法人代表を務め、日本に「キャリアショック」という概念を広めた「キャリア論の第一人者」でもある高橋氏が、「仕事にやりがいを『すごく感じる人、全然感じない人』の4つの差」について解説する。

あなたが働く「内的動機」は何?

仕事にやりがいを「感じられる人」と「感じられない人」。両者の違いは何でしょうか?

実は、仕事で「何に」やりがいを感じるのかは人によって違います

私たちはそれぞれ「内的動機」というものを持っています。ここでいう「内的動機」とは、心理学的にその人が内部に持つ固有の特性のことです。

『キャリアをつくる独学力:プロフェッショナル人材として生き抜くための50のヒント』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします。紙版はこちら、電子版はこちら。楽天サイトの紙版はこちら、電子版はこちら

たとえば同じ仕事をするのでも、

人から感謝されたい(感謝欲)

目標を達成したい(達成欲)

競合相手に勝ちたい(競争欲)

といった動機は、人それぞれ違うものです。

内的動機は「自分らしさ」を構成する重要な要素で、この「自分らしさ」にドライブされて発揮される能力は「自分の強み」になります。

「自分の強み」を使って仕事をすれば、仕事は「主体的」「自律的」になりやすいものです。同時に「やりがい」を覚え、ストレスを感じにくくなります。

「物理的に豊かになること」が社会の大きな流れだった高度成長期には、仕事の結果として得られる「給料」や「出世」などが人々の満足の源でした。

それがいまでは、お金や社会的地位ではかれる「外的仕事満足」より、「やりがい」や「自己成長」などから得られる「内的仕事満足」が、働く人々にとって重要になってきています。

一定の軸を使って外的な物差しではかれる「外的仕事満足」と異なり、「内的仕事満足」の物差しは1人ひとり異なります。したがって、自分自身ではかるしかありません。

次のページからは「仕事にやりがいを『感じられる人、感じない人』の4つの差」を具体的に紹介していきましょう。

次ページ「ワークエンゲージメント」とは?
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT