「人間のクズ」4度の中退で鬱になった49歳彼の今 学歴がコンプレックスだった男が「就いた仕事」

✎ 1 ✎ 2 ✎ 3 ✎ 4
拡大
縮小
村田さんの幼少期の写真
人生で4度の中退を経験した村田学さん。アメリカからの帰国子女だが書字に困難を抱え、協調性を重んじる日本の学校教育にも馴染めなかったという(写真:本人提供/村田さんは一番右)
学歴社会ではなにかとネガティブに受け止められがちな「中退」。だが、中退した結果、どんな人生を送ることになるかは、今まであまり可視化されてこなかった。
そこで、この連載では「学校を中退した」人たちにインタビュー。「どんな理由で中退を選んだか」「中退を後悔しているか、それとも辞めてよかったと思っているか」「中退した結果、人生はどうなったか」などを尋ね、中退という選択が、その後の人生や価値観に与える影響を浮き彫りにしていく。

本連載は「中退」と銘打っているが、「良くも悪くも社会のレールに乗れない、しかし、それでも強く生きている人に話を聞く」という裏テーマがある。

今回、話を聞く村田学さん(49歳)は人生で4度も中退を経験。「一体なぜそんなに……?」と思えてきそうだが、話を聞いていくとその理由も理解できてくる。

会社員の父、教師の母のもとに生まれた村田さん

会社員の父、教師の母のもとに生まれた村田さん。父の仕事の都合で幼少期をアメリカで過ごし、その後、5歳の頃に日本に帰国。帰国子女というとキラキラしたイメージを持ちがちだが、実際は、苦労の連続だったようだ。というのも、村田さんは発達に偏りを抱える子どもだったのだ。

「もともと私は書字が苦手で、アメリカにいた頃には自分の『Manabu』という名前を書こうとすると『b』が『d』に反転しちゃう癖があったんです。そして、そのことを教員だった母親から厳しく注意されていました。

でも、日本に帰国して幼稚園に入ると、周りの子たちが普通に平仮名で自分の名前を書いていた。小学校に上がった時も、隣の席の子が自分の名前を漢字で書いていて。『この子、教わってないのになんで漢字で書けるんだろう』ってびっくりしたんです」

次ページ今でこそ学習障害(LD)は認知されつつあるが…
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
「イトーヨーカドー幕張店」激戦区の大改装に差した光明
「イトーヨーカドー幕張店」激戦区の大改装に差した光明
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT