高校中退も「年収3000万円」になった彼女の本音 水商売で成功するも「学歴は大事」と訴える理由

✎ 1 ✎ 2 ✎ 3
印刷
A
A
姫野恵子さん(50歳・仮名)は高校を1年で中退した女性。大阪の繁華街でクラブのママとして成功、一時は年収3000万円だったこともありますが、「高校を中退したことは、後悔しかないです」と話します(写真:本人提供)
学歴社会ではなにかとネガティブに受け止められがちな「中退」。だが、中退した結果、どんな人生を送ることになるかは、今まであまり可視化されてこなかった。
そこで、この連載では「学校を中退した」人たちにインタビュー。「中退」という選択がその後の人生や価値観に与える影響を浮き彫りにするとともに、「学歴」という観点から日本社会を描き出していく。

本連載初回は大学中退の例を取り上げたが、第2回となる今回は高校中退。大阪府に住む姫野恵子さん(50歳・仮名)は、高校を1年で中退している。

学歴としては「中卒」だが、水商売で成功した姫野さんの年収は多い時で3000万円。ハイブランドのバッグや時計を身に着け、移動は常にタクシーという華やかな生活を送っていた時期もあった。

学歴なんて関係ない……そんな言葉が聞こえてきそうだが、一児の母となった彼女が筆者に語気を強めて訴えたのは、「意外な言葉」だった。

欲しい物をねだることができなかった思春期

姫野さんが高校へ進学した当時は、今のように進学先を自由に選ぶことが難しかった時代でもあり、彼女も近所の同級生たちと地元の公立高校へ。

学校生活も楽しんでいたが、わずか1年で中退することになった背景には、当時の日本がいわゆるバブル好景気だったことが大きく影響していたようだ。

次ページ家が貧乏で、学校より働くことを選ぶ
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
空前の中学受験ブーム、塾業界の子ども争奪戦
空前の中学受験ブーム、塾業界の子ども争奪戦
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
AGCが総合職の月給3万円アップに踏み切る舞台裏
AGCが総合職の月給3万円アップに踏み切る舞台裏
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT