年収1200万円の35歳女子が外資を捨てた理由

「体調不良でも無理して仕事」は、もうやめた

なぜ35歳の「独身外資女子」は年収1200万円を捨て、会社を辞めたのか。リスクはあるが、定期収入を得る道が見つかったからだ(写真:ABC/PIXTA)

今回、読者の皆さんにぜひお読みいただきたい「マネー相談」は、外資系企業に勤める独身女性のTさん(35歳)のお話です。

35歳という若さにもかかわらず、年収はなんと1200万円という高収入。相談に来た彼女は、「バリキャリ」のイメージとは程遠いかわいらしい女性でした。聞いてみると、幼少の頃は海外に住み、英語力はネイティブ並み。加えてITとマーケティング(市場開拓)のスキルにも長けています。高収入なのもうなずけるほどの彼女は、まさにエリートを絵に描いたような彼女ですが、深刻な悩みがありました。それは「頻繁に頭痛と吐き気が襲ってくるので、今の仕事が続けられないかもしれない」という不安だったのです。

高収入の一方「頭痛と吐き気」で将来が不安に

Tさんは、帰国子女としての語学力やITスキルを生かし、大学卒業後は数社の外資系企業を渡り歩きつつ、順調にキャリアを積み上げてきました。しかし、最近は、頭痛と吐き気が襲ってきて、ひどいときには、数秒も立っていられないというのです。もちろん、時には会社も休まなくてはならないほどで、病院にも行きました。すると、特別に重い病気が発見されたわけではなく、「長時間パソコンに向かっていることが多いので、極度の眼精疲労が影響しているのではないか」と言われたそうです。

医師のアドバイスに従って「パソコンに向かう時間を減らすと、症状は少し和らぐ」らしいのですが、仕事がはかどらず、フラストレーションがたまってしまうことから、一時的には休んでも、結局は長い時間パソコンに向かって仕事をすることに。そうすると、再び強烈な頭痛と吐き気が襲ってきて、仕事どころではないそうです。

こんな生活がかれこれ半年間も続き、最近はパソコンに向かうのが怖くなってしまい、「今の仕事を続けられないのではないか。本当のところ、私は仕事を辞めたいのではないか」と自分を責めるようにもなり、将来への漠然とした不安が募るようになったそうです。

次ページもし「仕事を辞めたら」次はどうする?
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 会社を変える人材開発の極意
  • 中学受験のリアル
  • 若手社員のための「社会人入門」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
中間決算に透ける踊り場<br>企業業績は減速が鮮明に

世界経済が踊り場を迎えている今、中間決算発表に伴う業績予想の修正が出そろった。2018年度の営業利益は前年比4.6%増と、17年度の12.9%増から減速する。『会社四季報』業界担当記者が、明暗分かれる業種内の「優勝劣敗」を解説する。