4000円の投資で、iPhone6が快適になった

強化ガラスプロテクターの意外な実力

結局、iPhone 6にはサファイアガラスは使用されなかった。そのかわりに採用されたのは、コーニングのゴリラガラスだ。iPhoneだけでなく、多くのスマートデバイスで、ゴリラガラスが使われている。コーニングの最新の発表では「Project Phire」と呼ばれる、サファイアガラスのように傷が付きにくく、ゴリラガラスのように耐性がある新製品を開発し、年内に出荷されるという。

これからも、「割れにくさ」は高まっていく。しかし、ガラスである以上は、やはり割れる可能性がある。またサファイアガラスのように傷が付きにくい固い素材もあるが、絶対とは言えない。そうしたときに、アクセサリとして、フィルムに加えて、ガラスを貼り付ける製品も出てきた。しかも、ショップや量販店に行くと、その数も膨大に増えてきていることがわかる。もちろん強度や傷の付きにくさについても重要視すべきだが、それ以外の部分で、大きな差が付いている。

完全にフィットするガラスプロテクター

iPhone 6 / 6 Plusのガラスは縁に向かって曲面を描いており、平面のフィルムやガラスを貼り付けることは難しい

筆者が選んだSimplismのガラスプロテクター製品の良い点は、縁まできっちりとガラス面があることだ。そのため、iPhoneのデザイン性を損なわずしかしここには工夫が施されている。

というのも、iPhone 6、iPhone 6 Plusのガラスは、端末の縁に向かって曲面になっており、そのままガラスのサイズのガラスプロテクターを貼り付けると、縁が浮いてしまうことになる。

これを避けるため、iPhoneのガラスよりも小さくデザインし、ガラス面の局面が始まる手前までをカバーする製品も少なくない。すると、曲面部分がカバーされておらず余白ができたり、ホームボタンの下側がカバーされていなかったりする。

Simplismのガラスプロテクターは、曲面になるギリギリまでをカバーし、ディスプレイ部分の外側のガラスは、iPhoneと同じように黒、または白く塗る処理が施されている。そのため、貼り付けたガラスの縁や浮きも目立たず、ホームボタンの周りもしっかりとカバーすることができた。

次ページ守るのは見栄えだけではない
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
IT巨人4社の正念場<br>GAFA包囲網

グーグル、アップル、フェイスブック、アマゾン、この4社をまとめてGAFAと呼ぶ。今、強烈な逆風が吹く。問題の本質はどこなのか?フェイスブックの情報管理部門責任者に直撃。