ディズニー大転換「入園者数引き下げ」戦略の背景 昨年就任の吉田社長が明かすパークの課題とは

拡大
縮小

大きなフックになるのは、やはりファンタジースプリングス。パークの景観がホテルの部屋から見られるので「泊まりたい」というフックになる。トイストーリーホテルも、あそこまで映画に特化したホテルは初めて。泊まること自体が楽しいと思ってもらえる。

――チケット価格は変動価格制を導入するなど、値上げを進めてきました。それでもアメリカ・フロリダのリゾートなどは倍以上の価格設定です。値上げ余地をどう考えていますか。

フロリダは1週間ほど滞在される方も多い。1年に1回、数年に1回の方も多い。われわれはどちらかというと足繁く、シーズンごとにパークの景観を楽しんでいただきたい。春はイースター(復活祭)、夏は水浴び、秋はハロウィン、冬はクリスマスなどのイベントがある。フロリダとはちょっと違いますね。「チケット価格をもっと上げればいいのに」とはよく言われるが、複数回来やすい価格設定にしているつもりだ。

年間パスポートの復活は「未定」

ただ、値上げの余地がないわけではない。ゲストの遊び方がどうなるかも見極めていく。一概にチケットの価格だけを、上げられるから上げようとはまったく考えていない。ホテルに泊まらない方も楽しめる必要があり、いろいろな選択肢を用意することが一番大事だ。

――年間パスポートの復活はありますか? 来園頻度が高い年パス保持者が増えると、満足度を重視し滞在型リゾートを目指す戦略と相反する部分もありそうです。

現時点で未定としか申し上げられない。

年パスを持つゲストは本当にディズニー、東京ディズニーリゾートを愛してくださる方ですので。難しいところだが、まだ何も決まっていない。

吉田謙次(よしだ・けんじ)/1984年オリエンタルランド入社、2015年に執行役員 経理部長。2017年フード本部長、2020年第8テーマポート推進本部長(兼任)などを経て2021年6月から社長兼COO(写真:尾形文繁)

――サービス業が人手不足に悩む中、パーク運営を支える熱心な人材をどう確保しますか?

4月にアルバイト社員の時給を一律100円引き上げた。正社員として安定的に働きたい方には「テーマパークオペレーション社員」があり、トータルで2000人が転換している。

今後のポイントは働く環境としてのハード面だ。アトラクションや商品施設、飲食施設の近くにあるオフィスの改善を進めている。休憩エリアの壁を塗り替え、椅子を休憩しやすいものに変えるなど、すでに手をつけている。

社員が働くうえで心と体の健康を保つことや、成長を支援することも重要だ。マネジメントが業務のアサインも含め、背中を押して「やってみよう」「一歩踏み出す勇気を持ってください」といった施策をやっている。

仲間や先輩、上司ともっとコミュニケーションをとることも大事かもしれない。チャレンジをする機会があると結果的に会社全体がよくなるし、採用でも「ここで働きたい」という方も増えてくる。きれい事かもしれないが、そういう地道な努力が一番重要だと思う。直接的な賃金の面に加えて、ハード面、心と体の成長など、全体で考えていく。

ディズニーに関連した以下の記事も配信しています。
ディズニーが入園者数にあえて上限を設ける事情(2022年4月28日配信)
ディズニーパワハラ裁判、「夢の職場」ゆえの難題(2022年4月9日配信)
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
空前の中学受験ブーム、塾業界の子ども争奪戦
空前の中学受験ブーム、塾業界の子ども争奪戦
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
AGCが総合職の月給3万円アップに踏み切る舞台裏
AGCが総合職の月給3万円アップに踏み切る舞台裏
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT