ディズニーシー、開業までの苦闘と20年の歩み

当初は海ではなくスタジオパークの計画だった

20周年のグリーティングイベントでファンに手を振るミッキーたち。コロナ禍のため大規模なショーを控えるなど、例年よりもイベント自体を縮小して開催している(ⒸDisney)

東京ディズニーシーの中央に位置するメディテレーニアンハーバー。ミッキーやミニー、ドナルドたちを乗せた船が登場すると、ゲストのテンションが一気に上昇する。ミッキーたちは目いっぱい手を振り、ゲストも返す。振り付けをマスターし、笑顔で踊り続けるゲストもいる。

シーは9月4日に開業20周年を迎え、周年イベント「タイム・トウ・シャイン!」を開催中だ。キャラクターと触れ合う「グリーティング」イベントに加え、パーク内のさまざまな場所に20周年のデコレーションが施されている。ショップでは限定グッズ、レストランもスペシャルメニューを提供する。

「7つの海」をコンセプトとし、今でこそディズニーランドに並び、確たる人気を誇るシー。だが、オリエンタルランドにとっては想像を絶する難産で、紆余曲折の歴史を持つことは、一部のファン以外には知られていない。

当初は「ディズニースタジオ」だった

後のシーとなる「第二パーク構想」が持ち上がったのは、ランド開業から4年後の1987年。ランドを開発してもなお、千葉県から払い下げられた広大な土地が残されていた。構想を正式発表した1988年には京葉線が開通し、5周年を迎えたランドの入園者数はすでに年間1300万人を突破。予想を上回る増加ペースとなり、パーク拡張は急務だった。

当初ディズニー社が示したのは、映画スタジオをベースにした「ディズニー・ハリウッド・マジック」構想。これは、アメリカ・フロリダにある「ディズニー・ハリウッド・スタジオ」(1989年開業)をモデルとしたものだ。

しかし、巨大な映画産業を抱えるアメリカと日本では、映画に対する熱量が異なる。パークの立地も、アメリカでは旅行先となるフロリダと日帰りの多い東京近郊では違うのではないか。オリエンタルランド社内でも見方が分かれ、明確な否定ができないまま、本格的なビジネス交渉に突入していく。

ディズニー社との交渉の厳しさは、加賀見俊夫会長兼CEOが著書『海を超える想像力』で明かしている。専門部署を新設して検討を進めたものの、巨額な予算の圧縮に力を入れるあまり、コンセプトの策定がおろそかになっていたという。

次ページ怒ったディズニー社から最後通告
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
AOKI、コロナ禍で売れた「パジャマスーツ」で描く復活戦略の要諦
AOKI、コロナ禍で売れた「パジャマスーツ」で描く復活戦略の要諦
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
持たざる国・日本に大激震<br>エネルギー危機が来る

脱炭素の移行期に化石燃料の争奪戦が勃発。天然ガスの価格は歴史的な急騰を記録しました。余波はサプライチェーンの混乱から世界経済の後退懸念、原発待望論まで広がります。資源小国の日本が生き残る道はあるのでしょうか。

東洋経済education×ICT