ディズニーが赤字でも「強気の値上げ」に傾くわけ 苦境の経営陣がコロナ後に見据える戦略の転換

拡大
縮小
緊急事態宣言が終わり、徐々に入園者数を戻していく計画。だが、以前のにぎわいを取り戻すには、時間がかかりそうだ(記者撮影)

昨年のような長期休園はない。それでも実力値からは程遠く、厳しい決算だった。

国内テーマパーク最大手のオリエンタルランド。2021年4~9月期の売上高は前年同期比65%増の975億円、営業損益は193億円の赤字(前年同期は241億円の赤字)だった。片山雄一取締役は「予想外にコロナ影響が大きかった。各種の入園制限で赤字やむなしという結果になってしまった」と振り返る。

パーク入園者数は390万人。前年同期の269万人から増加したが、前期の4~6月は臨時休園期間に当たる。営業していた7~9月期で比較すると30%超の減少。緊急事態宣言やまん延防止等重点措置が影響した結果だ。

通期予想も2期連続の赤字

ゲスト1人当たり売上高は1752円増の1万4877円。チケット収入は3月に高価格帯チケットを導入したことなどで増加した。また、キャラクター「ダッフィー」関連商品や東京ディズニーシー20周年関連商品が貢献し、グッズ販売収入も増加。新メニュー投入などで飲食販売収入も伸ばした。

今回は決算発表と同時に通期業績予想を発表した。売上高は前期比40%増の2390億円、営業損益は242億円の赤字(前期は459億円の赤字)とした。赤字は2期連続となる。

昨年の10~12月期はGo Toトラベル効果もあり黒字となった。一方、今下期は「保守的な前提」(片山取締役)としつつ、慎重に入園制限を緩和するため、赤字計画とした。

次ページ下期もチケット争奪戦は続く?
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT