ディズニーが赤字でも「強気の値上げ」に傾くわけ

苦境の経営陣がコロナ後に見据える戦略の転換

緊急事態宣言が終わり、徐々に入園者数を戻していく計画。だが、以前のにぎわいを取り戻すには、時間がかかりそうだ(記者撮影)

昨年のような長期休園はない。それでも実力値からは程遠く、厳しい決算だった。

国内テーマパーク最大手のオリエンタルランド。2021年4~9月期の売上高は前年同期比65%増の975億円、営業損益は193億円の赤字(前年同期は241億円の赤字)だった。片山雄一取締役は「予想外にコロナ影響が大きかった。各種の入園制限で赤字やむなしという結果になってしまった」と振り返る。

パーク入園者数は390万人。前年同期の269万人から増加したが、前期の4~6月は臨時休園期間に当たる。営業していた7~9月期で比較すると30%超の減少。緊急事態宣言やまん延防止等重点措置が影響した結果だ。

通期予想も2期連続の赤字

ゲスト1人当たり売上高は1752円増の1万4877円。チケット収入は3月に高価格帯チケットを導入したことなどで増加した。また、キャラクター「ダッフィー」関連商品や東京ディズニーシー20周年関連商品が貢献し、グッズ販売収入も増加。新メニュー投入などで飲食販売収入も伸ばした。

今回は決算発表と同時に通期業績予想を発表した。売上高は前期比40%増の2390億円、営業損益は242億円の赤字(前期は459億円の赤字)とした。赤字は2期連続となる。

昨年の10~12月期はGo Toトラベル効果もあり黒字となった。一方、今下期は「保守的な前提」(片山取締役)としつつ、慎重に入園制限を緩和するため、赤字計画とした。

次ページ下期もチケット争奪戦は続く?
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • 雨宮塔子から見える景色
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 新型コロナ、「新しい日常」への前進
  • 不安な時代、不機嫌な人々
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT