(第62回)2012年度新卒採用動向調査【前半戦】 企業の動向編2

●4割の企業がターゲット大学を設定し、特別な施策を講じている

図表2:採用戦略においてターゲット大学設定の有無

 「採用戦略においてターゲット大学を設定し、特別の施策を講じていますか」という設問に対し過半数(57%)の企業は「していない」が、ほぼ4割(39%)の企業は特別な施策を講じている。昨年の調査で「している」企業は33%だったから、6%ほど増えている。  もっとも「特別な施策」といっても、それほど奇抜なものはない。採用担当者が大学に行って学生とコンタクトを取るものがほとんどだ。
図表3:コンタクトが困難な母集団やターゲット層を採用するために実施・検討している施策

 最も多いのは「就職部訪問・研究室訪問」で36%。特に技術系採用では研究室訪問の効果は高い。「生協やキャリアセンターが主催するターゲット大学の合同セミナー」も23%が参加している。いずれも昨年より増えている。
 意外なのは「先輩やリクルーターによるターゲット学生とのコミュニケーション」が減っていることだ。リクルーター制が強化されている印象があったが、今回の調査では異なる結果になった。現在よりも社員の協力を得にくくなっているのかもしれない。
 「業者によるターゲット大学別の合同セミナーへの参加」もリクルーター同様に16%から12%に減っている。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 今見るべきネット配信番組
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • インフレが日本を救う
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT