iPhoneの「録音機能」をもっと便利に使う裏技 LINEの音声認識AIを活用「文字起こしアプリ」も

✎ 1〜 ✎ 117 ✎ 118 ✎ 119 ✎ 最新
拡大
縮小
初代iPhoneから搭載され続けている「ボイスメモ」。iOSの進化に伴い、機能は徐々にアップデートされています(筆者撮影)
この記事の画像を見る(4枚)

ボイスレコーダーの専用機が発売され続けていることからもわかるように、録音のニーズは、根強く残っている。もっとも、多くの場合、今はスマホでも代用することが可能だ。iPhoneにも「ボイスメモ」という標準アプリがあり、初代iPhoneの登場から10年以上経った最新モデルにも、引き続き搭載されている。会議を録音して議事録作成に生かしたり、講演を記録しておいたりと、ビジネスシーンでも活躍する機会は少なくない。

徐々に機能がアップデートされている

初代iPhoneから搭載され続けているボイスメモだが、iOSの進化に伴い、機能は徐々にアップデートされてきた。雑音を除去する機能は、その1つだ。設定メニューから録音する際のファイル形式を変えて、音質を上げることもできる。自動で付けられるファイル名をどのようにするかも、設定で変更できる項目の1つだ。

この連載の一覧はこちら

一方で、iPhoneの競合であるGoogleのPixelを見ると、日本語の文字起こしが可能なボイスレコーダー機能が話題を集めている。AIに力を入れているのはアップルも同じだが、残念ながらiPhoneのボイスメモには同様の機能が存在しない。だが、こうした機能が必要なら、アプリで補うことができる。今回は、このようなiPhoneのボイスメモや録音にまつわる設定テクニックや便利アプリを紹介していきたい。

会議室などで録音した際に気になるのが、反響音などのノイズだ。マイクの精度が高いこともあり、人の動きなど、わずかな音を拾ってしまうのも難点。発言した人の声が聞き取れないというレベルまでいかなくても、聞き直すときに雑音が気になることもあるはずだ。iOSに標準搭載されているボイスメモでは、そんな雑音を除去してクリアな音質にすることができる。

次ページノイズを減らして録音した音声をクリアに
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT