在宅勤務で活用したい「iPhone」驚きのワザ 大事な着信も宅配便のドアホンももう逃さない

✎ 1〜 ✎ 93 ✎ 94 ✎ 95 ✎ 最新
拡大
縮小
リモートワークで活用できるiPhoneの裏技を3つご紹介します(筆者撮影)

コロナ禍で広がったリモートワーク。職種にもよるため、全面的に採用されているわけではないが、以前より、在宅のまま仕事がしやすい環境になっているのは事実だ。出社が減ると、iPhoneの使い方も変わってくる。設定を見直すことで、より作業効率がアップすることもあるだろう。例えば、電話の取り方だけを見てもそうだ。周りに同僚などがいなければ、わざわざiPhone本体を手に取り、耳に当てる必要がない。スピーカーフォンでそのまま通話してもいいからだ。

この連載の一覧はこちら

また、普段から着信音を消していると、つかの間、休憩で別室に行ったり、トイレに行ったときに、電話がかかってきても気づかないおそれがある。着信にすぐ気づけるよう、設定も見直しておくといいだろう。さらに、iPhoneには、周囲の音を検知して、利用者に通知してくれる機能もある。在宅で音楽を聴きながら仕事をしているようなときに、役立つはずだ。

そんなリモートワークに活用できる可能性のあるiPhoneの裏技をまとめた。1つ1つは簡単な設定だが、iPhoneの設定項目は多岐にわたるため、見逃しているものもあるはずだ。自分自身の働き方に合わせて、最適な設定を取捨選択してほしい。

1.電話もMac、iPadで受けて効率を上げる

アップル製品は、製品ごとの密接な連携を売りにしている。iPhoneとiPad、Macは、それぞれ搭載されるOSが異なるものの、シームレスに使うことができる。例えば、FaceTimeやiMessageといった機能は、どのデバイスにも採用されており、同じApple IDであれば、端末を問わずに送受信可能。リモートワーク時には、iPhoneからではなく、MacやiPadからiMessegeを送る機会も増えるはずだ。

こうしたサービスは、アップル自身が手がけているものだが、実は携帯電話番号を使った電話も、iPhone以外のデバイスからかけたり、受けたりすることができる。MacやiPad自体には電話機能はないが、Wi-Fi経由でiPhoneの通話を利用する。条件は、同じApple IDを設定して、同じアクセスポイントに接続していること。あとはiPhone側で、ほかのデバイスで通話を許可する設定をすればいい。

「設定」の「通話」で「ほかのデバイスでの通話」をオンにする(筆者撮影)

設定は、「設定」アプリにある「通話」で行う。ここで、「ほかのデバイスでの通話」をタップし、「ほかのデバイスでの通話を許可」のスイッチをオンにすると、iPhone以外のデバイスでの通話が可能になる。対象となるデバイス一覧が表示されるため、個別にオン・オフを設定しておこう。例えばMacで通話はするが、iPadには不要というときは、Mac側だけをオンにしておけばいい。

次ページもう宅配便を逃さない
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
「イトーヨーカドー幕張店」激戦区の大改装に差した光明
「イトーヨーカドー幕張店」激戦区の大改装に差した光明
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT