「iPhoneでリモート会議」を快適にするグッズ

「顔近すぎ問題」を解決する外付け広角レンズ

iPhoneでオンライン会議に参加する際、弱点を解決してくれる“ちょい足し”周辺機器を紹介する(筆者撮影)
この記事の画像を見る(4枚)

緊急事態宣言が解除され、飲食店の営業時間制限も緩和されている一方で、コロナ禍が収束したわけではない。企業には、引き続きテレワークの推進が求められているため、以前のように、出社が大前提ではなくなりつつある。筆者が取材する企業の中にも、緊急事態宣言の有無とは関係なく、テレワークを取り入れている会社は多い。

とはいえ、すべての仕事がオンラインで完結するわけではない。むしろ、リアルとオンラインのハイブリッドで仕事をするケースも増えているはずだ。また、テレワークといっても、つねに自宅で仕事をするとは限らない。仕事専用のスペースがなかったり、気分転換のために、外出先でオンライン会議に参加することもあるだろう。

この連載の一覧はこちら

そんなときに便利なのは、軽くて持ち運びやすく、そのまま通信ができ、各種オンライン会議アプリもそろっているiPhoneだ。PCやiPadがある場合でも、デバイスを分けるのは効率的。iPhoneでオンライン会議に参加すれば、PCやiPadでメモを取ったり、調べものをしたりといった作業に集中できる。

一方で、PCやタブレットとは違い、iPhoneならではの弱点もある。手に持って使う前提のため、端末を置いて使えなかったり、顔に近づけすぎると自分がどアップで映ってしまうことなどは、解決したい課題だ。そんなスマートフォンゆえの使い勝手の悪さは、周辺機器の“ちょい足し”で解決できる。1つひとつは2000円前後と手軽なため、ぜひ導入してみたい。

1.自宅の背景をザクっと隠せる「スクリーン」

自宅からビデオ会議に参加する際に困ることの1つが、背景の写り込みがある。キレイに片づけた仕事部屋で、本棚の1つでも置いてあれば見栄えはいいかもしれないが、住宅事情は千差万別。誰もが仕事専用の部屋を用意できるとは限らない。生活感にあふれた部屋を、会社の仲間に見せるのを躊躇する人はいるはずだ。同僚ならまだいいが、取引先だと、抵抗感はさらに上がってしまう。

そんなときにオススメしたいのが、簡単に展開できるクロマキー背景スクリーン。いすの背もたれに装着するだけで、簡単に利用でき、くるっと丸めて収納できるため、利用していないときに場所を取らないのも便利だ。筆者はエレコムが販売している「折りたたみ式クロマキー背景スクリーン」を購入したが、ちょうど背景が隠れて全面が緑になる。

次ページ緑色で作られている理由とは?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 就職四季報プラスワン
  • 住みよさランキング
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ホンダ「フリード」がトヨタ「シエンタ」より売れるようになった訳
ホンダ「フリード」がトヨタ「シエンタ」より売れるようになった訳
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
民放キー局が「TVer」に任せた2つの大役と不安
民放キー局が「TVer」に任せた2つの大役と不安
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
15種類の「書き方」を徹底解説<br>無敵の文章術

ビジネスパーソンを中心に文章力の必要性が高まっています。在宅勤務における情報伝達手段として、メールやチャットは不可欠に。また精度の高い企画書はビジネスの成功に直結します。本特集ではシーンや目的別に、短期間でのスキル向上を目指します。

東洋経済education×ICT