コロナ禍で「iPad」がついに最強ツールになった

会議から娯楽まであらゆるシーンで使える

ついにiPadを見直すべきときがやってきた(写真:Jim Wilson/The New York Times)

新型コロナウイルスの感染拡大による不況下では、400ドルしないアップルの新しいiPhone SE(日本での価格は税別で4万4800円)は魅力的に映るかもしれない。だがパンデミック(世界的大流行)期におけるガジェットとして考えると、オススメなのはアップルのタブレット、iPadだ。

iPadの存在なんてすっかり忘れていた? だとしても誰もあなたを責めたりしないから大丈夫。

iPadを見直すべきときがやってきた

アップルは昨年、エントリーレベルのiPadの新しいモデルを発売した。価格は329ドル(日本では3万4800円)だ。だが、それに先立つ9月の華やかな新製品発表イベントでは、最低価格699ドルの新型iPhoneにばかりスポットライトが当てられ、 iPadについての言及はほとんどなかった。iPadはこれまでつねにパソコンとスマートフォンのはざまのおまけのように扱われてきた。

だがやっと、そんなiPadを見直すべきときがやってきた。4月半ば、私は新型コロナウイルスが現代人にとって必要不可欠なテクノロジーは何かをあぶり出すとともに、そうでないものを淘汰しているという内容の記事を書いた。

私たちが日々、頼っているテクノロジーとはつまり、コンピューティングデバイスでありコミュニケーションツールであり、娯楽であり、インターネット接続だ。iPadはそうしたニーズすべてを満たすばかりか、スマートフォンより使いやすい。

iPadの画面はiPhoneよりも大きいから、フェイスタイムやズームといったアプリを使ったビデオ会議もやりやすい。ネットフリックスやユーチューブで映画やテレビ番組を見るにもぴったりだ。

出来のいいキーボードをつなげれば、高速でネットにつなげてウェブを見たりメールを書いたり書類を作ったりするにおあつらえ向きな、安価なのに使い勝手のいいパソコンに早変わりする。それも普通のiPhoneの半分の価格でだ。

次ページ安いのに誰のニーズも見事に満たす
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • ルポ「ホームレス」
  • コロナショックの大波紋
  • コロナショック、企業の針路
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
テレワーク総点検<br>コロナで広がる働き方格差

緊急事態宣言下で当たり前になった「テレワーク」。業種や職種によって実現度合いに大差がつき、この数週間で働き方の格差が広がったといえるでしょう。在宅勤務の課題を総点検し、コロナ後の働き方を考察しました。