「ドジっ子」がデキる営業女子になるには?

2015年、必要不可欠な営業スキルはこれだ!

新年で心機一転、「デキる営業女子」になるためには?(写真:xiangtao / Imasia)

明けましておめでとうございます。本年も「こちら営業部女子課~女性を知ればチームは強くなる!」をご笑覧いただければ幸いです。

どの職場でも今年の抱負を発表し合う年初め。営業部女子課メンバー内でも「今年は〇〇を高める!」など、体得したい必要な資質やスキルを掲げているようです。

そこで今回のコラムは「2015年版・営業で求められるスキル~営業部女子課編~」をご紹介させてください。営業女子の方はもちろん、男性上司の方も以下のようなスキルを持ち、部下に教えることができれば、間違いなくいい上司、好かれる上司になるはずです。

まさか「勘」で営業先を選定している?

では早速、どんなスキルが必要なのか見ていきます。今日は「やる気はあるのにダメダメ営業女子の営子さん」にご登場いただき、悩みを聞きながら解説していくことにしましょう。

営子 「あの、私、絶望的に営業が下手なんです!」

ではまず、営業をするときに大切にしていることを教えてくださいますか?

営子 「えっと、顧客、ですかね?」

ではその顧客の新規開拓をするには、何を重視されていますか?

営子 「勘、ですかね?」

……このコラムをご覧の方には、さすがに「勘」で営業をしている方はいないと思いますが、中には何をポイントに営業先を選んでいいかわからないという方もいるかもしれません。

ここで営業女子に大切なスキル1つ目の登場。それは「情報を収集する&分析する力」です。

次ページネットを眺めているだけではダメ!
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • あの日のジョブズは
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • おとなたちには、わからない
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。