「ドジっ子」がデキる営業女子になるには?

2015年、必要不可欠な営業スキルはこれだ!

新年で心機一転、「デキる営業女子」になるためには?(写真:xiangtao / Imasia)

明けましておめでとうございます。本年も「こちら営業部女子課~女性を知ればチームは強くなる!」をご笑覧いただければ幸いです。

どの職場でも今年の抱負を発表し合う年初め。営業部女子課メンバー内でも「今年は〇〇を高める!」など、体得したい必要な資質やスキルを掲げているようです。

そこで今回のコラムは「2015年版・営業で求められるスキル~営業部女子課編~」をご紹介させてください。営業女子の方はもちろん、男性上司の方も以下のようなスキルを持ち、部下に教えることができれば、間違いなくいい上司、好かれる上司になるはずです。

まさか「勘」で営業先を選定している?

では早速、どんなスキルが必要なのか見ていきます。今日は「やる気はあるのにダメダメ営業女子の営子さん」にご登場いただき、悩みを聞きながら解説していくことにしましょう。

営子 「あの、私、絶望的に営業が下手なんです!」

ではまず、営業をするときに大切にしていることを教えてくださいますか?

営子 「えっと、顧客、ですかね?」

ではその顧客の新規開拓をするには、何を重視されていますか?

営子 「勘、ですかね?」

……このコラムをご覧の方には、さすがに「勘」で営業をしている方はいないと思いますが、中には何をポイントに営業先を選んでいいかわからないという方もいるかもしれません。

ここで営業女子に大切なスキル1つ目の登場。それは「情報を収集する&分析する力」です。

次ページネットを眺めているだけではダメ!
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
  • 「コミュ力」は鍛えられる!
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
アマゾンに勝つ経営<br>諦めるのは、まだ早い!

ネット通販の巨人アマゾンが小売業者を次々駆逐している。ただ、活路はある。負けないためのキーワードは「ラストワンマイル」と「サブスクリプション」。ポストアマゾン最右翼の中国企業や、日本のネットスーパーなどの最前線をルポ。