(第46回)組織は変化に対して自己改革できるか?

(第46回)組織は変化に対して自己改革できるか?

これまで、日本の半導体産業と、アメリカを代表する二つの巨大企業であるIBMとAT&Tについて、1990年代以降の環境変化への対応(あるいは不対応)がどのようなものであったかを述べてきた。この経緯の分析は、日本経済の再生を考える際に大いに参考となる。

ここから得られる結論をあらかじめ述べれば、次の2点だ。

第一に、過去に成功した組織が環境の変化に直面した場合、その改革は極めて困難だ。第二に、(当然のことだが)改革しても方向付けが誤っていれば失敗する。そしてどちらにおいても、市場機構が重要な役割を果たす。

今回は、まず第一点について見ることとしよう。

日本の半導体産業、IBM、AT&Tのいずれもが、80年代中頃までは順調に事業を進めてきた。日本の半導体産業の生産シェアは、世界の過半を占めていた。IBMはコンピュータで絶対的な強さを誇り、特に「システム360」の成功後は、ほかのコンピュータ企業の追随を許さなかった。AT&Tは、アメリカの電話サービスを独占していた。

ところが80年代の後半頃から環境が大きく変化した。いずれのケースにおいても、直接的な原因はIT(情報通信技術)の進歩である。これに加え、日本の半導体産業では韓国など新興国メーカーの勃興が、またAT&Tでは反独占裁判の結果が影響した。第2次大戦以降続いてきた世界経済の基本構造は、大きく変化したのである。

このため、それまでの主力業務(日本の半導体メーカーでは大型コンピュータ用DRAMの生産、IBMの場合は大型コンピュータの生産と関連サービス、AT&Tは電話サービス)が、企業の成長を支えることができなくなくなった。この事態に対処するには、ビジネスモデルを基本から転換しなければならない。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 就職四季報プラスワン
  • 家族の法廷から
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。