世界が共感、ゼレンスキー氏の「超コミュ力」5本質 卓越した「パフォーマンススタイル」の中身は?

印刷
A
A
ロシアの侵攻に徹底抗戦するウクライナのゼレンスキー大統領(写真:ウクライナ大統領府HP)
日本を代表する一部上場企業の社長や企業幹部、政治家など、「トップエリートを対象としたプレゼン・スピーチなどのプライベートコーチング」に携わり、これまでに1000人の話し方を変えてきた岡本純子氏。
たった2時間のコーチングで、「棒読み・棒立ち」のエグゼクティブを、会場を「総立ち」にさせるほどの堂々とした話し手に変える「劇的な話し方の改善ぶり」と実績から「伝説の家庭教師」と呼ばれ、好評を博している。
その岡本氏が、全メソッドを初公開した『世界最高の話し方 1000人以上の社長・企業幹部の話し方を変えた!「伝説の家庭教師」が教える門外不出の50のルール』は15万部を突破するベストセラーになっている。
コミュニケーション戦略研究家でもある岡本氏が「ウクライナ・ゼレンスキー大統領の世界を動かす超コミュ力」について解説する。

いま、有事のリーダーに求められる「コミュ力」とは?

「歴史にIfはない」といいますが、もし、ウクライナの大統領がウォロディミル・ゼレンスキー氏でなかったとしたら、世界の目はここまでこの国にくぎ付けになっていたでしょうか。

『世界最高の話し方 1000人以上の社長・企業幹部の話し方を変えた!「伝説の家庭教師」が教える門外不出の50のルール』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします)

現在、44歳のゼレンスキー大統領は2019年5月に73%という高い得票率で、大統領に選ばれました。

元々コメディアンであったことが知られていますが、テレビ番組ではプロ並みのダンスを披露する多能ぶりを発揮しています。他のコメディアンと一緒に、男性器でピアノの鍵盤をたたく(と見せる)パフォーマンスなど、はじけた演技もいとわない根っからのエンターテイナーでした。

ロシアのプーチン大統領の蛮行が許しがたいものであるのは事実ですが、ヨーロッパ東部の一国の動向に世界中の人々が心奪われる背景には、ゼレンスキー大統領の巧みな「コミュニケーション戦略」が功を奏している側面はあるでしょう。

ソーシャルメディア時代のいま、「有事のリーダーに求められるコミュ力」とは何なのかを考察していきます。

次ページドラマのストーリーが「現実」に
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT