お金の不安から「するりと脱出する」一番の近道 何の才能も、元手も、地位もいらない方法

印刷
A
A
わが暮らしで使う布モノは今やタオル1枚(体用)と手拭い1枚(台所用)なんですが、気づけばいずれも銭湯でもらった景品。買わない生活ここまで来たかと感慨にふけりつつ干す……(写真:筆者提供)
疫病、災害、老後……。これほど便利で豊かな時代なのに、なぜだか未来は不安でいっぱい。そんな中、50歳で早期退職し、コロナ禍で講演収入がほぼゼロとなっても、楽しく我慢なしの「買わない生活」をしているという稲垣えみ子氏。不安の時代の最強のライフスタイルを実践する筆者の徒然日記、連載第47回をお届けします。

エコを人生の目標にすることの恐るべき効能

さて前回、エコであることを人生の目標にすることの恐るべき効能、すなわち

稲垣えみ子氏による連載47回目です。

①無力感からの脱出

②孤独からの脱出

についてあれこれ書かせていただいた。

にしても改めて考えてみれば、この2つが同時に実現できるとは誠にスゴイことではないだろうか? 

何しろこの高度に発達した資本主義社会、すなわちどこの誰が支配しているかもよくわからぬ巨大システムが小さな人間の事情など有無を言わせずなぎ倒しまくっていく時代においては、この2つこそは現代人類共通の大問題。

すなわち誰もが、どうせ自分が何を頑張ったところで世の中も自分の状況も決して良くならないし、そして自分なんてどうせいてもいなくてもいい存在なのだという思いにどうしようもなく囚われて、日々怯え傷つきながら生きている。

それをまとめて同時にエイヤーと解決してしまうのだから、これはまさに恐るべき効能以外の何物でもないと私は確信する。

次ページいつでも誰でも胸一つで実行可能
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
TSMCが触手、日本の圧倒的な「半導体技術」
TSMCが触手、日本の圧倒的な「半導体技術」
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT