人生なんて、案外簡単にパッと開けるものである くだらなすぎる「私の人生の目標コレクション」

印刷
A
A
わが相棒の自転車。5万円の予算で中古部品を組んでもらった世界に1つの品。6年経ってもびくともせず(写真:筆者提供)
疫病、災害、老後……。これほど便利で豊かな時代なのに、なぜだか未来は不安でいっぱい。そんな中、50歳で早期退職し、コロナ禍で講演収入がほぼゼロとなっても、楽しく我慢なしの「買わない生活」をしているという稲垣えみ子氏。不安の時代の最強のライフスタイルを実践する筆者の徒然日記、連載第45回をお届けします。

「道は一本じゃない」と気づくとき

「人生がパッと開ける瞬間」なんてものが、ドラマや映画の世界はともかく世間一般にどのくらい存在するのだろう?

稲垣えみ子氏による連載45回目です。

ことわが人生においては、まーはっきり言ってそんなものはほとんどなかった。

いやね、よっしゃ開けた! と勘違いした瞬間はあったんですヨ。例えば模試ではE判定しか出たことなかった大学受験に合格した時とか、ダメ元で受けた入社試験にこれまた奇跡的に合格した時とか……。おし! これでわが人生は上がりだ! 前途洋々! などと思ったりしたわけです。

で、もちろんそうした出来事にまったく意味がなかったわけではなく、さまざまな積み重ねで今この時をこうして生き永らえていることは間違いないんだが、改めて考えると、今の私を作っているのはそのような「よっしゃ体験」だけではなく、むしろ数え切れないほどの挫折、失敗、悔しい思いなどに学んだことが実に大きいわけで、つまりは、人生が開けるビッグな瞬間なんてものは実際のところ、後から振り返ってみればほぼ存在しないも同然なんじゃないかしらんと思う今日この頃。つまりは人生なんてそんな簡単にパッと開けたりしないんである。

……と、思っていたんだが。

次ページ人生は可能性に満ちている
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT