セレンディピティ感度の高い人は世界をこう見る 「ウェーターからCEOまで」成功者が持つ視点

印刷
A
A

私は今でも、自分にとって人生最悪の判断をしたときのことをはっきりと覚えている。仲間の反対を押し切って、共同創設者となった組織への追加出資を受け入れたのだ。

当時、私の理性はゴーサインを出していた。組織は財政的にも戦略的にも追い詰められており、書類上は出資を受け入れるしか存続の道はないように思えた。一方で私の直感は、思いとどまれと叫んでいた。

追加出資を受けた失敗から学んだこと

出資当初はうまくいったが、結局、投資家と共同創設者兼経営陣の思惑が一致していなかったことが明らかになり、こじれた末に投資家とはたもとを分かつことになった。

追加出資など初めからうまくいかないと思っていた仲間の共同創設者たちには、不要な苦労をかけることになった。

その後しばらく、私は自らの判断ミスにとらわれていた。モヤモヤした気持ちと折り合いがつけられず、この件について仲間と話し合うこともできなかった。

今でもあの判断を肯定はできないし、もう一度やり直せるとしたら違う判断をするだろう(後知恵バイアスを抜きにしても)。

「数字上の損得ではなく、正しいと思ったことをする」という自分がいちばん大切にしている信条を、必ずしも実践できていないことを痛感させられた経験だった。

当時は私自身と組織の存在を揺るがすような事態だと思ったが、最終的にはすばらしい学習の機会となった。同じような判断を迫られた人の気持ちがよくわかるようになったし、白黒はっきりした判断などないことも知った。世界をそれまでと違う「枠組み」で見られるようになった。

今では危機に直面すると、あのときのことを思い出し、できるかぎり情報を集めたうえで最後は「情報に基づく直感」を信じるようにしている。

それによって当初はうまくいくと思えなくても、いずれどうにかなるという安心感が出てくる。また自分の判断に何が影響を与えているかが理解できるし、自分の不安や願望をはっきりわかっていないと他人に影響されやすくなることも自覚できる。

関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
ウマ娘ヒットの裏で「スマホゲーム」が深める苦境
ウマ娘ヒットの裏で「スマホゲーム」が深める苦境
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT