「対面作業でしか創造性は生まれない」という妄想

出社しないとイノベーションは生まれない?

対面じゃないとコラボレーションやイノベーション創出は難しいのか(写真:Fast&Slow/PIXTA)

2013年にヤフーが在宅勤務を禁止したとき、その理由はアメリカの企業でよく挙げられるものだった。コラボレーションやイノベーションが生まれるためには、オフィスにいることが不可欠であると。

当時、ヤフーの幹部だったジャクリーン・リーセスは、スタッフ宛てのメモに「オフィスに全員が揃っていることが重要だ」と記した。「廊下やカフェテリアでの議論、新しい人との出会い、即席のチームミーティングなどから、最高の決断や洞察が生まれるのだ」。

現在、投資会社ポスト・ハウス・キャピタルのCEOであるリーセスは、違った見方をしている。「今なら、あのメモを同じようには書かない」とリーセスは言う。同氏は今でも、コラボレーションには実際に会って話をすることが有効だと考えているが、この1年間で、人々は新しい、もっといい仕事のやり方を見つけた。

「パンデミック前」の感覚に戻っている

しかし、アメリカでパンデミックが落ち着きつつある今、多くの管理職が2013年のリーセス氏のような言葉を口にしている。

アップルのCEOであるティム・クックは、パンデミック後の仕事について、「イノベーションは必ずしも計画的に行われるものではない」と述べている。 「その日の仕事の中で予期せぬ意見交換が発生し、さっき思いついたアイデアを進めることだ」。

JPモルガン・チェースのCEOであるジェイミー・ダイモンは、自宅で仕事をすることは「自発的なアイデアの創出には効果的ではなく、職場のカルチャーにも効果的ではない」と述べている。

次ページオフィスで働くことが創造性に不可欠との証拠ない
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • グローバルアイ
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 最新の週刊東洋経済
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT