セレンディピティ感度の高い人は世界をこう見る 「ウェーターからCEOまで」成功者が持つ視点

印刷
A
A
成功者に共通する世界の見方とは (写真:golubovystock/PIXTA)
人生において重要な転機となるようなチャンスが、ほかの人よりも頻繁に巡ってくるように見える人と、そうでない人はどこが違うのか。
その秘密を解き明かし、幸運なサプライズの頻度を増やし、それをいい結果につなげるフレームワークをまとめた本『セレンディピティ: 点をつなぐ力』がついに刊行された。
経済学分野で世界トップクラスのロンドン・スクール・オブ・エコノミクス(LSE)で博士号を取得し、起業家としても活躍する著者が書いた同書から、成功者に共通する世界の見方について、抜粋・編集してお届けする。

世界を捉える「枠組み」を意識しよう

観察力や注意力を高めると、世界の見え方、日々の経験ががらりと変わることもある。

『セレンディピティ 点をつなぐ力』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします。紙版はこちら、電子版はこちら。楽天サイトの紙版はこちら、電子版はこちら

世界をどう見て、どう理解するか、つまり世界をどのような「枠組み(フレーム)」でとらえるかは、いくつもの点を見つけ、結びつける能力を決定づける重要な要素だ。

重要な意味を持つかもしれないセレンディピティのトリガーへの感度を高め、その意味を理解できるよう備えることが必要だ。備えがなければ、珍しい出合いをさっさと切り捨て、セレンディピティを見逃しがちだ。

感度が低く、重要な意味を持つイレギュラーな出来事やアイデアに気づく心の準備ができていなければ、セレンディピティのチャンスを逃すだけではない。身のまわりの世界に対する認識そのものが後ろ向きになっていく。

あなたにとって世界は障害でいっぱいだろうか。それとも機会にあふれているだろうか。さまざまな制約があることを、物事がうまくいかない口実に使っていないだろうか。

どれほど困難な状況にあっても、人生に喜び、興奮、成功をもたらす可能性を秘めたセレンディピティの機会に絶えず注意を払っているだろうか。

次ページリフレーミングで「見えない橋」が見える
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT