クローズドな世界に「バブル化する」就活戦線

✎ 1〜 ✎ 704 ✎ 705 ✎ 706 ✎ 最新
拡大
縮小
優秀な少人数の学生のみに限定したセミナーやコミュニティーが増えている (写真:foly/PIXTA)

就活が「バブル化」している――。

といっても、景気が良かった時代の「バブル」ではない。オリンピックなどのスポーツ競技で行われた、選手と一般の人との接触を遮断する「バブル方式」「レースバブル」のように小さなグループに分かれる状況を指す。

この傾向は、新型コロナウイルスの流行とともに広がり、そして新たな課題を生み出している。

一斉登録が当たり前だった「コロナ前」の就活

そもそも、就活は従来、どういうものだっただろうか。ネットが一般化する前は、大学へ届く紙の求人票を見て、企業へ応募するのが一般的だった。企業は狙った大学の学生だけを雇用することが可能であった。また、学生は履歴書を手書きで記入しながら、好景気の時期も不景気の時期も乗り越えていた。

就職四季報の姉妹サービス「シキホー!Mine」はこちら

一気に変わったのはインターネットが普及してからだ。1996年に「RECRUIT BOOK on the Net」として現在のリクナビがサービスを開始し、2000年代にはオンラインでの企業応募が一般化していった。

それからは、大量エントリーの時代が始まる。オンラインであれば、コピー&ペーストで同じ文章を何社にも提出できる。また、求人票では目にすることができなかった、知りようがなかった企業情報にも公平にアクセスできる。そうして数十社、中には100社以上エントリーする「椅子取りゲーム型」の就活が一般化した。

次ページ有名企業へ人気が集中
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT