「アイスバケツチャレンジ」を批判するな

景気と株価の足を引っ張る、残念な人たちの正体

世界中で行われた「アイスバケツチャレンジ」だが、批判も多く寄せられた。批判をする人たちのマインドとは・・(AP/アフロ)

あっという間に終わった感のあるアイスバケツチャレンジ。草食投資隊の3人も、御多分に漏れずご指名を受け、氷水を被らせていただきました。が、その後でこのキャンペーンについて賛否両論わき起こり、議論が沸騰。でも、そこは草食投資隊。アイスバケツチャレンジと株価や景気の関係について話し合ってもらいました。

民間が公的なことをやってはいけないのか?

藤野 アイスバケツチャレンジの指名、お引き受け下さりありがとうございました。

渋澤 たまたま猛暑日だったから、気持ち良かった(笑)。

藤野 でも、急にネット上でアイスバケツチャレンジを批判する声が増えたりもしました。

中野 ある意味、悪ノリに近いところはありましたが、あれでALS(筋萎縮性側索硬化症)という病名が広く認知されるようになりましたし、決して悪いことではないと思います。批判される理由が分からない。

渋澤 もともとのコンセプトは、ALS協会に寄付をするか、寄付しない場合は氷水をかぶって、ALSという病気に対する認知を広めて下さいということですよね。大半の人は氷水を被り、かつ寄付もしているようですが、もともとは氷水を被らなくても良い、という選択肢もあるわけです。それなのに、被った人を批判するとは視野が狭いですね。

次ページ「失望最小化戦略」をとる人たち
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • コロナ後を生き抜く
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 越湖信一のスーパーカー列伝
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
悪用された「ドコモ口座」<br>セキュリティーに3つの問題

「ドコモ口座」を使った預金の不正引き出し事件。背景としては、回線契約がなくても口座が使える「ドコモ口座」自体と、安全性の脆弱なシステムで口座接続していた銀行側の双方に問題がありました。情報漏洩の経路も不明で、今後の対応が問われています。

東洋経済education×ICT