「アイスバケツチャレンジ」を批判するな

景気と株価の足を引っ張る、残念な人たちの正体

世界中で行われた「アイスバケツチャレンジ」だが、批判も多く寄せられた。批判をする人たちのマインドとは・・(AP/アフロ)

あっという間に終わった感のあるアイスバケツチャレンジ。草食投資隊の3人も、御多分に漏れずご指名を受け、氷水を被らせていただきました。が、その後でこのキャンペーンについて賛否両論わき起こり、議論が沸騰。でも、そこは草食投資隊。アイスバケツチャレンジと株価や景気の関係について話し合ってもらいました。

民間が公的なことをやってはいけないのか?

藤野 アイスバケツチャレンジの指名、お引き受け下さりありがとうございました。

渋澤 たまたま猛暑日だったから、気持ち良かった(笑)。

藤野 でも、急にネット上でアイスバケツチャレンジを批判する声が増えたりもしました。

中野 ある意味、悪ノリに近いところはありましたが、あれでALS(筋萎縮性側索硬化症)という病名が広く認知されるようになりましたし、決して悪いことではないと思います。批判される理由が分からない。

渋澤 もともとのコンセプトは、ALS協会に寄付をするか、寄付しない場合は氷水をかぶって、ALSという病気に対する認知を広めて下さいということですよね。大半の人は氷水を被り、かつ寄付もしているようですが、もともとは氷水を被らなくても良い、という選択肢もあるわけです。それなのに、被った人を批判するとは視野が狭いですね。

次ページ「失望最小化戦略」をとる人たち
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • エネルギーから考えるこれからの暮らし
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 中学受験のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
船・港――海の経済学<br>ニッポンの生命線が危ない

環境規制の強化によって、日本の海運会社は大きな投資を迫られています。中韓に敗れた日本の造船業界はさらなる再編が不可避に。日本の港湾の競争力低下も止まりません。「海をめぐるグローバル競争」の最前線を掘り下げます。