「ヤバい日本株」で儲けるための3原則とは?

「株価のPKO」の影響が出るのはいつか

(撮影:今祥雄)

本連載全体を通して、また先般出版された連載3筆者の鼎談をまとめた「ヤバい日本経済」にあって、3人の、読者に対して実用的な情報を提供したいという親切心というか、お節介の心は一貫している。「ヤバい日本経済」は、5章構成だが、最後の第5章は、「マネー編」であり、「自宅を持っている人は インフレヘッジの必要なし」というタイトルが付いている。同書は、この章に限らず、読者にとって「実用書」であることを意図している。

個人のマネー運用について、「ヤバい日本経済」で対談の時期の問題もあって、十分に触れられなかったことを一つ補足しよう。

株価のPKOの影響は8月下旬から?

山崎元さん、吉崎達彦さん、ぐっちーさんの鼎談「ヤバい日本経済」が、待望の発売!

以前、本欄でも触れているように、アベノミクスの「次の一手」は、GPIFが管理する公的年金積立金を使った「株価のPKO」(Price Keeping Operation)になりそうだ。政策としての善し悪しは、総合的に「悪し!」なのだが、数兆円単位の資金が日本株買いに回ることが予想され、株価に対する短期的な影響は「ある」可能性が大きい。

問題は、それが影響として表れる時期なのだが、ズバリ言うなら8月下旬くらいからではないか。

「GPIFの買い」が実際に表れるのは、新しい基本ポートフォリオを含む運用計画が発表され、承認されてからということであり、その発表は今のところ9月くらいと予想されている。

次ページ三つの共済の運用は結局どうなる?
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • グローバルアイ
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT