「ヤバい日本株」で儲けるための3原則とは?

「株価のPKO」の影響が出るのはいつか

(撮影:今祥雄)

本連載全体を通して、また先般出版された連載3筆者の鼎談をまとめた「ヤバい日本経済」にあって、3人の、読者に対して実用的な情報を提供したいという親切心というか、お節介の心は一貫している。「ヤバい日本経済」は、5章構成だが、最後の第5章は、「マネー編」であり、「自宅を持っている人は インフレヘッジの必要なし」というタイトルが付いている。同書は、この章に限らず、読者にとって「実用書」であることを意図している。

個人のマネー運用について、「ヤバい日本経済」で対談の時期の問題もあって、十分に触れられなかったことを一つ補足しよう。

株価のPKOの影響は8月下旬から?

山崎元さん、吉崎達彦さん、ぐっちーさんの鼎談「ヤバい日本経済」が、待望の発売!

以前、本欄でも触れているように、アベノミクスの「次の一手」は、GPIFが管理する公的年金積立金を使った「株価のPKO」(Price Keeping Operation)になりそうだ。政策としての善し悪しは、総合的に「悪し!」なのだが、数兆円単位の資金が日本株買いに回ることが予想され、株価に対する短期的な影響は「ある」可能性が大きい。

問題は、それが影響として表れる時期なのだが、ズバリ言うなら8月下旬くらいからではないか。

「GPIFの買い」が実際に表れるのは、新しい基本ポートフォリオを含む運用計画が発表され、承認されてからということであり、その発表は今のところ9月くらいと予想されている。

次ページ三つの共済の運用は結局どうなる?
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 働き盛りでがんになった人たちの行動
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の勝者と敗者<br>不動産 熱狂の裏側

実体経済の悪化を尻目に、国内外から熱い視線が注がれる日本の不動産。業界の雰囲気とは対照的に、上場不動産会社の株価は軒並み軟調です。コロナ後の新常態で誰が笑い、誰が泣くのでしょうか。現場の最新情報を基に不動産市場の先行きを展望します。

東洋経済education×ICT