日銀の出口戦略はどうなるのか

黒田総裁が考えている、「本当の戦略」とは?

中曽副総裁の会見が話題になったが、黒田総裁はどんな出口戦略を考えているのか(撮影:尾形文繁)

7月23日、日本銀行の中曽副総裁が講演後の記者会見で出口戦略について述べたことが話題になっている。いつもどおり、一部のメディアは、日銀だけが過去において量的緩和からの出口を経験している、と述べたことの揚げ足を取り、徹底的に非難しているが、もちろん、記者会見全文を読めば、中曽氏は、「過去の経験があるから大丈夫」とか、「自信がある」と言ったわけではないし、そういう意図もない。メディアの記事は、意図的なミスリードがこのように多くあるので、常に、記者会見は全文かやり取りの映像をすべて通して見るようにしないといけない。

出口戦略は、戦略ではない

しかし、もしかしたら、ミスリードする気のない善良なメディアも、また見識のあるエコノミストも誤解していることが多いかもしれない。とりわけ、日銀の出口戦略については、それが当てはまる可能性がある。

人々の誤解を生み出しているのは、出口戦略という言葉にある。出口戦略は戦略ではないのだ。

もちろん、広報という意味では戦略が必要であるし、金融市場、投資家の受け止め方がすべてであるから、投資家との対話は、戦略的に行なうべきであり、それは極めて重要だ。

次ページ市場との対話とは?
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • CSR企業総覧
  • 最新の週刊東洋経済
  • 映画界のキーパーソンに直撃
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
15種類の「書き方」を徹底解説<br>無敵の文章術

ビジネスパーソンを中心に文章力の必要性が高まっています。在宅勤務における情報伝達手段として、メールやチャットは不可欠に。また精度の高い企画書はビジネスの成功に直結します。本特集ではシーンや目的別に、短期間でのスキル向上を目指します。

東洋経済education×ICT