私に「金融」を考えさせた「3つの事件」

秋のマーケットをもっと知りたい、あなたへ

筆者を考えさせた「3つの事件」とは?(イエレンFRB議長=右と、ドラギECB総裁、AP/アフロ)

金融とは何か。いまさらではあるが、私が「夏休み」でこのコラムを休んでいる間に、この根源を問わざるを得なくなる「事件」が3つ起きた。

「超退屈」だった、イエレン議長のスピーチ

1つは、米国FRB議長イエレンの、ジャクソンホール(米ワイオミング州)でのスピーチ(8月21~23日)だ。

イエレンはもともと金融の専門家ではない。右か左かといわれれば左、米国的にタカ派かハト派かといえば、圧倒的にハト派であって、要は、弱者救済、労働市場の雇用最優先、失業の社会的影響を最重要視する経済学者である。

「夏の終わりのジャクソンホール」、これは世界の中央銀行関係者が夏休みに親交を深めるために行われている恒例の集まりなのであるが、近年は、ここで重要な金融政策へのメッセージが打ち出されることが多く、といっても要は、バーナンキ(FRB前議長)がそのように利用しただけなのだが、俄然、この数年で、高尚な議論に興味のない投資関係者の注目を集めるようになった。

さて、このジャクソンホール会合における今年のテーマは、労働市場ということだった。これは金融が苦手のイエレンには絶好のお題で本領発揮ということだったが、スピーチの原稿を読む限り、非常に退屈なものであった。

次ページなぜイエレン議長のスピーチは退屈だったのか?
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
  • コロナショック、企業の針路
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
なぜ取締役会に出席しない?<br>会社側の苦しい「言い訳」

役員会に出席せず改善の兆しがない取締役は、機関投資家や議決権行使助言会社から厳しい目を向けられています。株主総会招集通知から、取締役・社外監査役の取締役会出席率を独自集計し、欠席の多い人のランキングを作成しました。安易な選任の実態は?