私に「金融」を考えさせた「3つの事件」

秋のマーケットをもっと知りたい、あなたへ

筆者を考えさせた「3つの事件」とは?(イエレンFRB議長=右と、ドラギECB総裁、AP/アフロ)

金融とは何か。いまさらではあるが、私が「夏休み」でこのコラムを休んでいる間に、この根源を問わざるを得なくなる「事件」が3つ起きた。

「超退屈」だった、イエレン議長のスピーチ

1つは、米国FRB議長イエレンの、ジャクソンホール(米ワイオミング州)でのスピーチ(8月21~23日)だ。

イエレンはもともと金融の専門家ではない。右か左かといわれれば左、米国的にタカ派かハト派かといえば、圧倒的にハト派であって、要は、弱者救済、労働市場の雇用最優先、失業の社会的影響を最重要視する経済学者である。

「夏の終わりのジャクソンホール」、これは世界の中央銀行関係者が夏休みに親交を深めるために行われている恒例の集まりなのであるが、近年は、ここで重要な金融政策へのメッセージが打ち出されることが多く、といっても要は、バーナンキ(FRB前議長)がそのように利用しただけなのだが、俄然、この数年で、高尚な議論に興味のない投資関係者の注目を集めるようになった。

さて、このジャクソンホール会合における今年のテーマは、労働市場ということだった。これは金融が苦手のイエレンには絶好のお題で本領発揮ということだったが、スピーチの原稿を読む限り、非常に退屈なものであった。

次ページなぜイエレン議長のスピーチは退屈だったのか?
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナウイルスの恐怖
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 財新
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本の経常収支に構造変化<br>10年後には赤字化も?

ドル円相場が不思議な安定を続けています。その背後に日本企業や投資家の行動変化があり、統計数値として経常収支に表れます。10年後に経常黒字が消え、通貨の信認を問われる時代になる可能性を踏まえ、国も企業も戦略を構築しておく必要があります。