私に「金融」を考えさせた「3つの事件」

秋のマーケットをもっと知りたい、あなたへ

筆者を考えさせた「3つの事件」とは?(イエレンFRB議長=右と、ドラギECB総裁、AP/アフロ)

金融とは何か。いまさらではあるが、私が「夏休み」でこのコラムを休んでいる間に、この根源を問わざるを得なくなる「事件」が3つ起きた。

「超退屈」だった、イエレン議長のスピーチ

1つは、米国FRB議長イエレンの、ジャクソンホール(米ワイオミング州)でのスピーチ(8月21~23日)だ。

イエレンはもともと金融の専門家ではない。右か左かといわれれば左、米国的にタカ派かハト派かといえば、圧倒的にハト派であって、要は、弱者救済、労働市場の雇用最優先、失業の社会的影響を最重要視する経済学者である。

「夏の終わりのジャクソンホール」、これは世界の中央銀行関係者が夏休みに親交を深めるために行われている恒例の集まりなのであるが、近年は、ここで重要な金融政策へのメッセージが打ち出されることが多く、といっても要は、バーナンキ(FRB前議長)がそのように利用しただけなのだが、俄然、この数年で、高尚な議論に興味のない投資関係者の注目を集めるようになった。

さて、このジャクソンホール会合における今年のテーマは、労働市場ということだった。これは金融が苦手のイエレンには絶好のお題で本領発揮ということだったが、スピーチの原稿を読む限り、非常に退屈なものであった。

次ページなぜイエレン議長のスピーチは退屈だったのか?
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 買わない生活
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT