なぜGPIF改革は、成長戦略ではないのか

株価が上がっても、日本経済の問題は解決しない

新成長戦略を発表する安倍首相。GPIF改革は、成長戦略ではない(AP/アフロ)

アベノミクスのすべてを否定するわけではないが、「リフレ政策」以上に明らかに間違っているのはGPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)改革だ。これは、拙著「GPIF 世界最大の機関投資家」(東洋経済新報社)でも議論しているが、ここでは別の観点から、経済成長と株式市場の関係について考えてみたい。

需要超過に転じた日本経済

なぜ経済は成長するのか。それは、需要が増えるからではなく、生産能力が上がるからだ。ただし、売れないものを生産すると、いわゆるデフレギャップというものが生まれてしまう。これが、成長という側から見た、不況の理由だ。それを需要不足の問題だと初めて捉えたのがケインズだ。

現在の景気に対する論点の一つは今後インフレ率がどうなるかという点にあるが、例えば日銀の黒田総裁は強い自信を持って、インフレ率2%を達成できると思っている。株式投資家やその関係者は、日銀による追加緩和を期待しているが、黒田総裁はその必要性は感じていない。

なぜなら、日本経済は生産力の限界に達し、これ以上生産を増やせないにもかかわらず、需要がそれを上回っているからだ。この結果、円安によるコストプッシュ型のインフレから需要超過によるディマンドプル型のインフレに移行しつつあると黒田氏は思っている。

次ページ日本経済の本当の問題とは?
人気記事
トピックボードAD
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 銀河を渡るを読む
  • 中原圭介の未来予想図
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SONY静かなる再興<br>自動車ビジネスに本腰

「人命にかかわる事業はやらない」という不文律を破り、車載製品に本格参入するソニー。今後3年で1兆円を投資する主軸、得意の画像センサーを自動運転システムに展開する。最高益のその先を支えるカネのなる木となるか、禁断の果実か。