日経平均2万円を狙う?安倍政権

キーワードは、3つの「G」

NY証券取引所で投資を呼びかける安倍首相(13年9月、AP/アフロ)

春のGⅠシリーズが終了した。今週はいわば「谷間」に当たり、日曜日の東京競馬のメインレースはGⅢでハンデ戦の芝1800mであるエプソムカップだ。GⅢでも馬券が当たれば儲かるのはGⅠと同じである。これは、株式投資にあって、市場で注目度の高い優良株ではなく、地味な銘柄でも「値上がり率」で儲かることとやや似ているが、終盤に近い春競馬では幾らか気合いが抜ける週ではある。

「GPIFの買い」の時期と影響は?

いささかこじつけめくが、「GⅢ」のこのレースを検討する前に、当面の安倍政権の経済政策に目を転じると、3つのGがポイントになっている。安倍政権は株価を強く意識する「株価連動政権」だが、Gを意識した3つの政策が、それぞれ株価上昇のためのメニューとして用意されている。

第一に成長(growth)戦略、第二に企業のガバナンス(governance)、第三にGPIFの運用方針見直しによる株価買い支えだ。

ここで、前の二つのGを小文字の「g」で書いたのは、タイプミスではない。目下、市場の注目が三番目のGである、GPIFに偏っているからだ。前の二つには、性質上株価に対する即効性が乏しい分、市場の注目度が小さいのだ。

現在最も注目度の高い「G」である、GPIFの運用方針見直しよる株価買い支えについて、簡単にまとめておこう。前回の筆者の番のコラムで心配した通り、政策としての善し悪しは明らかに「悪し!」なのだが、情けないことにGPIFに運用方針を見直させて株式や外貨建て資産を買わせることが「成長戦略」の一環として登場することが、ほぼ確実な情勢だ。ここは善悪判断を離れて、「予想」に割り切って物事を考えよう。

次ページGPIFの基本ポートフォリオはどうなる?
人気記事
トピックボードAD
  • 湯浅卓「トランプ政権の真実」
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
携帯料金は4割下がる?<br>「高い」の根拠を徹底検証

菅官房長官の「4割下げられる」発言の数値的根拠は正当か? やり玉に挙がるキャリア3社の携帯通信料金の解明に担当記者が挑む。結論は「高いとはいえないが、キャリアは儲けすぎ」。取られすぎと感じる人必読の渾身リポート。