外国人投資家は、本当に日本株を買うのか

ぐっちーさんが読む、ちょっと先のマーケット

ラグビーW杯(2015年英国開催)のジェバンス組織委員長(左から2番目)らの表敬を受ける安倍首相。森元首相の前ではおとなしい表情だ。ラグビーボールが転がるように、日本経済がどこに向かうかわからないような、ヘンな舵取りは避けて欲しい(ロイター/アフロ)

まずは、株式市場をおさらいしておきましょう。

アメリカでは再びダウの史上最高値更新が目前となっており、株式に議決権をつけないなどの、株式の発行形態などに問題がある一部のナスダック銘柄以外の企業の株式は、おおむね堅調です。

一方の日本。「安倍首相は、官邸の執務室にある株式ボードをチェックしている」といった情報が飛び交うくらい、首相は株式が上がっていれば日本経済は順調なのだ、と信じていると言う説があります。本当だとすると、ちょっと恐ろしいものがありますね。

最近は、成長戦略など、アベノミクスへの期待で再び株価が上がりはじめた、とも見られているようですが、3月期決算で史上最高益を多数の会社がたたき出している割には、実は薄商いが続いており、実際の買い手が積極的に参加している市場には、どうみても見えません。

直近の東証1部の売買代金と、日経平均株価(終値)をちょっと並べてみましょう。

5月23日 1兆8527億円   1万4462円17銭

5月26日 1兆5308億円   1万4602円52銭

5月27日 1兆7027億円   1万4636円52銭

5月28日 1兆7898億円   1万4670円95銭

5月29日 1兆6273億円   1万4681円72銭

こんな感じで推移しているわけで、とても最高益更新が相次ぐ企業が多い市場には見えませんね。出来高がとにかくショボいし、某新聞は28日の時点で「5日連騰」などとコメントしていました。この間の上昇幅は200円程度ですよね。値幅では、さほどのものではないですよねえ(笑)。

次ページ今は、市場参加者があまりいない
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「氷河期」を救え!<br>どこまで進む?就労支援

バブル崩壊後の不況期に学校を卒業し、就職難に苦しんできた「氷河期」世代。彼らをめぐる状況が変わり始めています。政府は650億円を投じ就労支援を開始、中小企業の正社員採用も広がってきました。この好機を生かす秘訣を探ります。