外国人投資家は、本当に日本株を買うのか

ぐっちーさんが読む、ちょっと先のマーケット

ダービーはトーセンスターダム注目。市場の声も聞こう

ついにダービーであります。昨年は、早くから注目していたキズナの一本勝負で、めでたく勝利と相成りました。今年は一体どうなるでしょうか?ほかのレースと違い、とにかく馬の一生で一回しか出られないレースですから、予想する方もかなり真剣であります。

ポイントはどこか。

いわゆる「1冠目」に皐月賞があって、当然そのままダービーでも勝ちそうなものですが、これが実はそうでもない。両方勝つのはそれこそディープインパクトのように圧倒的実力、野球で言えば「松井級」の馬だけで、それ以外は皐月賞馬がダービーではコロッと負けることがある、という事実であります。

これは中山競馬場と東京競馬場の直線の長さと馬場特性の違いに問題があるわけですが、今年のメンバーを見渡してみると、これをこなせるような、ディープ級の馬がいるようには、どうにも思われないのですよ。

となると、東京競馬場の長い直線に対応できるだけの「上がりの実力」がある馬が台頭する可能性は十分にある。皐月賞で勝ったのはイスラボニータでしたが、それ以外の馬にも十分チャンスはあると言うことです。

そうなると、私が前からこいつはダービー向きだと考えていた武豊君が乗るトーセンスターダム。皐月賞11着という惨敗が気になりますが、中山以上には走りそうで、見るからに左利き。一気に挽回もあり、です。

さらに皐月賞1番人気で2着に入ったトゥザワールドも良血に加え、どう見ても東京向きのような気がします。

同じ東京競馬場で距離も同じ2400メートルを走る「青葉賞組」はオッズによっては毎回波乱要因になっており、ショウナンラグーン、ワールドインパクトは軽視できません。特にワールドインパクトは最後明らかに流しにかかっての2着ですから、本番で叩き合えばこの力関係は逆かもしれない。ただし過去十年では青葉賞組は2着が最高なので、本命には向きません。

悩ましいのは唯一の牝馬であるレッドリヴェールでしょうか。

桜花賞では先週惜しくも負けたハープスターの2着だったわけですが、どうもハープスターとの再勝負を避けてこちらに出てきた感が強く、ハンディは有利ですが牝馬でこのレースを勝つとなると、あのウォッカ以来ということになりますので、これは実際容易な事ではありません。レースを見ている感じではあのウォッカを上回るようにはちょっと見えませんでした。牝馬で8枠16番を引いてしまったのも、スタートが難しいでしょうね。

ということで、ワタクシ、本命トーセンスターダムですが・・・1番人気の勝利確率は比較的高いレースで、2着、3着には10番人気以下が突っ込んでくることも多いのがこのレース。よって、これらの馬から手広く3連複、場合によっては1番人気頭固定の3連単で狙ってみたいと思っております。

1番人気には、何がくるのかな~・・・

出でよ、万馬券!!

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 内田衛の日々是投資
  • ルポ「ホームレス」
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
デザインの力で開く新たな価値観<br>プロダクトデザイナー 柴田文江

オムロンの体温計「けんおんくん」やコンビのベビー用品。暮らしに関わるプロダクトのあり方と、身体性を反映した柔らかな造形を追求してきた柴田氏の作品だ。女性初のグッドデザイン賞審査委員長への歩み、そして今考えていることとは。