中国の「揺さぶり」に、屈しない法(上)

商船三井の「次」は避けられるのか

一時差し押さえられた大型ばら積み船「パオスティール・エモーション号」(ロイター/アフロ)

突然、浴びせられた冷や水

中国政府と日本政府の関係は、ふたたび悪化するのだろうか?商船三井が、中国当局にいきなり鉄鉱石船を差し押さえられてしまった。結局、同社は供託金40億円を払うことで、差し押さえの解除にこぎ着けた。だが、日本への中国人観光客が増えるなど、日中間ではこのところ雪解けムードがあっただけに、いきなり冷や水を浴びせられた格好だ。

実は私自身、中国ビジネスを始めた1979年前後は、「困った隣人」にいじめられ、夜も寝られない日々が続いたものだ。おかげさまで、今では付き合い方のツボがわかり、トラブルを乗り越えた。いまでは、隣人とうまく付き合えるようになった。

今回の中国当局の差し押さえをどう読むべきか。もちろん外交の側面も大きそうだが、今回は日中ビジネスの観点から、この問題を深堀りして、取り上げて見たい。

まずは、この件について、改めて簡単に振り返ろう。発端は日中戦争勃発前の1936年。商船三井の前身の一つ、大同海運が中国の船主から貨物船2隻(順豊号、新太平号)を借りたことに始まる。これらの貨物船は日本軍に徴用され、沈没してしまった。

1988年になって、沈没した船の相続人(陳震氏と陳春氏という人物)が、船の賃料をめぐって、中国で損害賠償訴訟を起こした。中国・上海の裁判所は、2007年、商船三井に対し29億円の支払いを命じ、判決は2011年に確定した。同社はその後、和解へ向けた示談交渉を行っていたところ、今年の4月19日になって、上海の裁判所は突然、商船三井の鉄鉱石輸送船を差し押さえたというわけだ。

次ページやはり、影響しているのは尖閣?
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 日本野球の今そこにある危機
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
正規と非正規「格差訴訟」<br>判断が分かれた最高裁判決

非正規労働者が年末年始の待遇や病気休暇などについて正社員との格差是正を訴え、最高裁は格差は不合理で違法とする判決を出しました。一方で賞与や退職金についての格差是正はほぼ全面的に退ける判決も。非正規労働者の待遇は改善するのでしょうか。

東洋経済education×ICT