「ヤバい日本経済」、本当はイケてない?

年末の消費税10%決定、「それでいいの」か

安倍首相は年末に「ヤバい日本経済に乾杯!」といえるのだろうか・・(右はメキシコのペーニャ大統領、ロイター/アフロ)

 『ヤバい日本経済』なんて本が出てますけど、日本経済、ホントはヤバイ(=良くない)んじゃないんですか?」

先日、こんなことを聞かれて泡を食ってしまった。

東洋経済新報社から絶賛発売中、出版後2週間で早くも3刷が決まったわれらが『ヤバい日本経済』は、若者用語の意味で日本経済は「ヤバい」と言っている。つまり日本経済は意外とイケてるぞ、乗り遅れるなよ、という肯定的な評価を下している。

日本経済は、実は腰折れしたのか?

山崎元さん、吉崎達彦さん、ぐっちーさんの鼎談「ヤバい日本経済」をぜひお手元に。今後の日本経済を考えるうえでの「道しるべ」になります

ところが8月13日発表の4~6月期GDP速報値は、年率換算でマイナス6.8%という低い数値が出た。実は景気はすでに腰折れしているのかもしれない。日本経済は危ない、というオヤジ世代用語の意味でヤバイんじゃないですか?というのである。

まあ、待ちたまえ。この程度で日本経済は腰折れしない。が、当初の見込みを修正しなければいけない部分が出てきたのも間違いない。以下、きちっと説明するから、都合のいいところだけつまみ食いしないで、最後までじっくり聞きたまえ。

実質GDPは今年1~3月、年率換算で6.1%の高成長であった。それが4~6月期ではマイナス6.8%と大幅に下落した。つまり「行って来い」になってしまった。その主原因が、消費税の増税による駆け込み需要と、その反動減にあることは火を見るよりも明らかだろう。

次ページ前期比の大きな変化率を見て、幻惑されるな
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
  • 小室淑恵 「覚悟の働き方改革」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
悪用された「ドコモ口座」<br>セキュリティーに3つの問題

「ドコモ口座」を使った預金の不正引き出し事件。背景としては、回線契約がなくても口座が使える「ドコモ口座」自体と、安全性の脆弱なシステムで口座接続していた銀行側の双方に問題がありました。情報漏洩の経路も不明で、今後の対応が問われています。

東洋経済education×ICT