「ヤバい日本株」で儲けるための3原則とは?

「株価のPKO」の影響が出るのはいつか

さて、競馬予想に移ろう。この時期の小倉記念は、真夏、平坦、小回り、ハンデ戦と考える要素が多いレースだ。加えて、天気が微妙だ。週末は雨が降りそうで、日曜日の馬場はパンパンの良馬場は難しいかも知れない。

小倉記念は、サトノノブレスが大本命

ディープインパクト産駒が多数出走し、何れも2000m前後の距離の芝のレースに実績がある。実績はサトノノブレスが一つ抜けている感じだ。総賞金を出走数で割って1レース当たりの獲得賞金を計算すると概ね「格」の代理変数になるが、ざっと1450万円ある。57キロは恵まれたハンデだ。小倉で走った実績が無いのが気がかりだが、不良馬場の菊花賞で2着した実績があり、馬場が悪化した場合にも耐えるとみて本命に抜擢する。

対抗は1レース当たり1065万円稼いでいるラストインパクトだ。コース実績もあり、こちらの方が「小倉タイプ」かも知れないが、馬場が悪化時の実績が不足しており、本命まで推せなかった。

単穴は、1走当たり635万円と格的に見劣り、56kgはもう少し軽くてもいいが、小倉に実績があり、重馬場実績もあって、単穴に取りたい。

トップハンデのメイショウナルトは1レース当たり約720万円で、上位2頭とはかなり差がある。コース実績に加えて、父ハーツクライまで含めた今期の調子の良さを買うとしても、57.5kgは背負わされた。2、3着の押さえには買えるが、逃げる同馬は、ディープ軍団のターゲットになるのではないか。

夏休みでもあり、馬券の購入金額は控え目で。上記4頭の3連複ボックス(4点)とサトノノブレスの単勝くらいを力まずに買ってテレビ観戦する。

本欄連載陣である山崎元さん、吉崎達彦さん、ぐっちーさんの鼎談「ヤバい日本経済」が、待望の発売!今一番「ヤバい」3人が、脱デフレ後の日本経済と世界の行方を大胆に読み解きます。
果たして日本株は一段のバブルに向かうのか、それとも暴落の憂き目にあうのか?2014年夏以降の株式相場を占ううえでも、ぜひ手にとっていただきたい1冊です。
 
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 逆境からの人々
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
トレンドライブラリーAD
人気の動画
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
AOKI、コロナ禍で売れた「パジャマスーツ」で描く復活戦略の要諦
AOKI、コロナ禍で売れた「パジャマスーツ」で描く復活戦略の要諦
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
持たざる国・日本に大激震<br>エネルギー危機が来る

脱炭素の移行期に化石燃料の争奪戦が勃発。天然ガスの価格は歴史的な急騰を記録しました。余波はサプライチェーンの混乱から世界経済の後退懸念、原発待望論まで広がります。資源小国の日本が生き残る道はあるのでしょうか。

東洋経済education×ICT