「アイスバケツチャレンジ」を批判するな

景気と株価の足を引っ張る、残念な人たちの正体

中野 今、米国では株価が堅調に推移していて、それはQE(量的緩和)の影響で期待感が高まり、ここまで来ているということからすると、日本のクロダノミクスは、ひょっとすると米国のようにうまくいかない恐れがあります。

何しろテコでも動かない人がたくさんいるのですから。そういう人たちが「あ、俺たちも動かないとまずいかも」って思って、お尻に火が点いてくれないと、なかなかマクロ景気は好転しないのかも知れません。

本格的なインフレが来ないと、世の中は変わらない?

藤野 デフレ病という慢性病が染みついているから、ちょっとやそっとの薬では効かなくなっているのは事実です。

渋澤 米国人って、何かきっかけがあれば一斉に皆が動き出すんですよ。でも、日本人は失望最小化戦略で斜に構え、動こうとしている人を冷淡な目で見ているだけの人が大勢いる。「すぐ動くなんて単純な奴ら」と批判もする。でも、こうした行動の違いが大きい。う~ん、この状態が大きく変わるためには、何が必要なんだろう。

中野 この状況を脱するためには、とにかく世の中全体がインフレにならないとダメなのかも知れませんね。一部では良いインフレか悪いインフレかという議論もありますが、とにかくインフレにする。テコでも動かない人というのは、そこで地獄を見ることになりますから。まあ、その時になってからでは手遅れなのですが、仕方がありません。

藤野 「失望最小化社会は格好悪い」と思ってもらいたいですね。失望を最小化した生活をしているのってイケてない。そう思う人が増えれば、徐々にマクロ経済も良くなっていくんじゃないでしょうか。

渋澤 デフレって氷水なんですよ。インフレは火なんだけど、氷水はじっと我慢すればやり過ごせるけど、火はやけどしちゃうから動かなきゃならない。中野さんが言うように、本格的なインフレになって初めて、テコでも動かない人が動いて、ようやく世の中が変わっていくのかも知れません。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 令和の新教養
  • コロナショックの大波紋
  • 越湖信一のスーパーカー列伝
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
“臭いものに蓋”で終わるのか<br>JDI「不正会計」の晴れぬ闇

ジャパンディスプレイが不正会計について、第三者委員会調査報告書を公表しました。しかしその内容は有識者8人のうち7人がF(不合格)の格付けをするほどの低評価です。自殺した社員に責任を押し付ける報告書の詳細をリポートしました。