伝わるパワポ作るなら実は「地味な色使うべき」訳

「ノイズを減らす」ことで記憶に残りやすくなる

パワーポイントの資料を見やすくするためにはどうすればよいのでしょうか(画像:筆者作成)
聞き手の記憶に残るプレゼンテーションをするにはどうすればいいのか。重要なことの1つがパワーポイントなどを使ったスライドの作り方です。パワポのスライドをSNSにアップロードし、そのわかりやすさと面白さから話題になっている“パワポ芸人”豊間根青地氏が、見やすいスライドを作るコツについて紹介します。
※本稿は豊間根氏の新著『秒で伝わるパワポ術 仕事でもSNSでも〈いいね〉がもらえるスライド作成のコツ』を一部抜粋・再構成したものです
前回:「要するに」を使うとパワポ資料が劇的改善する訳

必要ない要素は遠慮なくバシバシ削る

スライドの「ビジュアルで示せる」という強みを研ぎ澄まし、相手に「秒で伝わる」スライドへと近付けていくには、スライド上の「ノイズ」を減らすことが大切です。ノイズの減らし方は、大きく「削る」「そろえる」「空ける」の3つがありますが、今回の記事ではまず、「削る」について解説していきます。

ノイズを減らすときの最も基本的なアプローチがこの「削る」です。メッセージを伝える上で必要ない要素は遠慮なくバシバシ削っていきましょう。

・メッセージを削る

最初に削るものは、メッセージです。そのスライドで「要するに」何が言いたいのかをハッキリさせて、1スライド1メッセージの大原則を守りましょう。私たちはついついスライドにいろいろな要素を盛りだくさんにしてしまいがちですが、伝わりやすいスライドは、つねにシンプルな「要するに」伝えたいメッセージを持っているもの。いろいろと載せたくなる気持ちをグッとこらえて、シンプルにメッセージを研ぎ澄ませていきましょう。

・色を削る

次に色を削ります。スライドデザインが苦手な人ほどついつい色をたくさん使いたくなってしまうものですが、そこをグッとこらえて本当に目立たせたいところだけに色を使うようにしましょう。スライドの上に置かれた色は、すべて意味を持った色であるべきです。意味を持たないただの色分けは、聴き手にとってのノイズをいたずらに増やしてしまいます。

(画像:筆者作成)

うまく使えば重要な部分を際立たせてくれますが、濫用するとどこを見たらいいかわからなくなる諸刃の剣。それが色という道具なのです。

次ページまずはコンセプトカラーを1色決める
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • インフレが日本を救う
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ホンダ「インテグラ」復活が日本で話題になる訳
ホンダ「インテグラ」復活が日本で話題になる訳
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
空き家にさせない!<br>実家のしまい方

少子高齢化や核家族化、過疎化で今や7戸に1戸が空き家に。放置された実家はもはや相続したくない迷惑資産。売るか、貸すか、それとも活用するか。実家の片付けから空き家の再生まで幅広く取り上げ、対策例をご紹介します。

東洋経済education×ICT