伝わるパワポ作るなら実は「地味な色使うべき」訳

「ノイズを減らす」ことで記憶に残りやすくなる

この考え方は、グラフの作成においても非常に重要になります。Excelのデフォルトの設定だと、青やオレンジ、グレーなどといった色が採用されますが、下のグラフを見ていただくとわかるように、このままだと目が泳いでしまい、このグラフで何を伝えたいのかがよくわかりません。

(画像:筆者作成)

そこで、まず一度全体をグレーにしてみましょう。グラフを選択して、「グラフのデザイン」⇒「色の変更」でモノクロにします。

そして、グラフの目立たせたい部分を一度だけクリックして選択された状態にしてから、図形・枠線の塗りつぶしで色を変えます。

(画像:筆者作成)

すると、重要な要素(ここで言うAさんの構成比)だけが目立ち、言いたいことがぱっと伝わりやすいグラフを作ることができます。

(画像:筆者作成)

データを解釈し、意味を付与して相手にわかりやすく伝えたいときは、このようなひと工夫が非常に重要になります。意図的にデータを加工して相手を誤解させるようなグラフを作ってはダメですが、何が言いたいのかよくわからないグラフも同じくらいダメです。

相手に解釈させるということは、相手の時間を奪うということ。データの解釈が求められている場においては、自分が考えた解釈をきちんとスライド上に表現するようにしましょう。

究極の理想は色に頼らない

さて、ここまで色の削り方に関して述べてきましたが、究極の理想は「そもそも色に頼らない」ということです。色に頼る前に、そのスライドはモノクロで印刷しても言いたいところが伝わるか? 大きさやレイアウトなどで表現できないか?を一度考えてみる癖を付けるとよいでしょう。

例:マーカーの大きさで目立たせる

(画像:筆者作成)

例:点線にして目立たなくする

(画像:筆者作成)
次ページ次に削るものは「図形」
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • 自分史上最高のカラダに!本気の肉体改造メソッド
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「ニッポン半導体」敗北の真相
「ニッポン半導体」敗北の真相
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT