自主映画を40年以上支援し続ける「PFF」の信念

「PFFアワード」から多くの映画人材を生み出す

東京都中央区京橋の国立映画アーカイブで開催されている「ぴあフィルムフェスティバル」。今年で43回目の開催となる (編集部撮影)

コロナ禍で映画業界は、厳しい状況が続いているが、多くの人が参加する「映画祭」も同様に逆風が続いている。

そろそろ秋の映画祭シーズンとなるが、「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2021」「山形国際ドキュメンタリー映画祭2021」「SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2021」といった国内の著名な映画祭はオンラインを中心とした開催にすると表明している。関係者はエンタメの灯を消してはいけないと、できる形を模索し続けている。

そんな中、若手監督の登竜門と呼ばれる映画祭として長年親しまれている「ぴあフィルムフェスティバル」(以下、PFF)が今年も9月11日から25日にかけて東京・京橋の国立映画アーカイブで開催されている。

自主制作映画展が前身

映画祭の醍醐味といえば、「人との出会い、映画との出会い」が挙げられるが、PFFはコロナ禍でもその部分は大切にしている。PFFの荒木啓子ディレクターは「絶対にスクリーンで上映することはやめない。自分の作った映画をパソコンの画面でしか観たことがない人も多い中、見知らぬ人たちと一緒に映画を観て、いろいろな反応を知ることができるというこの特別な状況を体験してもらうことこそが映画祭の使命」と語る。

そもそも、「ぴあフィルムフェスティバル(PFF)」の始まりは1977年。映画、演劇、音楽の総合イベントとして、ぴあが東映大泉撮影所で開催した「第1回ぴあ展」内の「自主製作映画展」がその前身だ。

1981年の第4回映画祭からは名称を「ぴあフィルムフェスティバル」に改め、それからおよそ40年にわたって活動を続けてきた。開催は今年で43回目に達する。1976年スタートの「湯布院映画祭」(大分県)と並び、日本で現在も続く映画祭の中では、非常に長い歴史を持つ。

中でも、新しい才能の発見をテーマとした自主映画のコンペティション「PFFアワード」は、メインプログラムのひとつだ。

次ページ累計2.3万作品が応募
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 買わない生活
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT