「泣きたい私は猫をかぶる」配信公開決断の背景

山本幸治プロデューサー語るアニメ作品戦略

6月18日からNetflixで配信される『泣きたい私は猫をかぶる』 © 2020 「泣きたい私は猫をかぶる」製作委員会
『ペンギン・ハイウェイ』で注目を集めたアニメーションスタジオ「スタジオコロリド」。新進気鋭のクリエイターがあつまる注目のスタジオが手掛けた、長編アニメーション映画第2弾作品『泣きたい私は猫をかぶる』が6月18日よりNetflixでの配信を決定した。
物語の主人公は「ムゲ(無限大謎人間)」というあだ名で呼ばれるちょっと変わった中学2年生・笹木美代。彼女は「かぶると猫へと姿を変えることができる」という不思議なお面を手に入れ、猫に変身するという秘密を持っていた。猫になって思いを寄せるクラスメイト日之出の元に日参――。猫の世界を通して自分を見つける青春ファンタジーだ。
もともと本作は劇場で公開される映画として製作された映画であったが、コロナ禍で映画の公開延期が相次ぐ中、動画配信サービスNetflixでの配信でリリースすることに舵を切った。その決断の裏にあったものは何だったのだろうか。本作の山本幸治プロデューサーに話を聞いた。

映画公開断念し配信リリースに切り替え

――『泣きたい私は猫をかぶる』はもともと映画として製作され、6月5日より映画館で公開予定だった作品ですが、コロナ禍の中で劇場公開からNetflixの配信に切り替えることとなりました。その経緯を教えてください。

この作品の幹事会社であるフジテレビと、企画の立ち上げを主導していたツインエンジン(山本プロデューサーが代表を務めるアニメ企画プロダクション)で話し合って決断しました。もちろん映画として作っていたので、公開時期に映画館で上映できることが明確になっていれば、おそらく映画館でやっていたと思います。

この連載の過去記事はこちら

――映画館の上映から配信に切り替えるという決定の情報解禁は4月30日でした。

『泣きたい私は猫をかぶる』は6月5日に劇場で公開する予定でしたが、当時は、仮に公開延期をし、映画館での上映を選んだとしても、本当に映画館でやれるのかということがものすごく不確実だった。さらに、4、5月に公開予定だった作品がどんどん延期を発表していく中で、映画館の先のスケジュールも詰まっていた。

例えば4月公開予定の映画を10月に延期したとしても、10月がどうなっているかわからない。さらに再延期となると、映画館の上映枠の取り合いに拍車がかかってしまう。しかし配信なら、劇場のようにスクリーンを押さえる必要はないなと思ったんです。

次ページ作品を世に出さないと次にいけない
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
  • 読んでナットク経済学「キホンのき」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
香港問題めぐり米中激突<br>加速するデカップリング

6月30日、「香港国家安全法」が施行されました。「一国二制度」の下での高度な自治が失われたとして、西側世界と中国の対立は一気に深まっています。米中経済の分離は、サプライチェーンの見直しなど、グローバル企業にも大きな変化を迫りそうです。