ゴジラが「キングオブモンスターズ」の真の理由

ハリウッド版新作の監督語るゴジラへの情熱

5月31日から公開の『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』。公開3日間の興行収入は2014年の『GODZILLA ゴジラ』や2016年の『シン・ゴジラ』を上回っている(写真:©2019 Legendary and Warner Bros. Pictures. All Rights Reserved.)
1954年に誕生、これまでに30作以上のシリーズが製作され、日本国内のシリーズ累計動員数が1億人を突破している怪獣映画の金字塔『ゴジラ』。2014年にはハリウッドが映画化した『GODZILLA ゴジラ』が公開され、全世界興行収入530億円という大ヒットを記録した。そしてゴジラ生誕65周年という記念すべき年となる2019年、続編となる『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』が公開。日本でも公開3日間で興行収入9億円を超える大ヒットを記録している。そこで今回、マイケル・ドハティ監督に、日本が誇る国民的アイコンである『ゴジラ』への思いを聞いた。

小さい頃からの願いがかなった

――世界中で人気のある『ゴジラ』映画のオファーを受けたときはどうでしたか。

とてもワクワクしたし、緊張感もありました。でもいちばん大きかったのは、小さい頃からの願いがかなったということ。子どもに戻ったような気持ちでした。

この連載の過去記事はこちら

――もちろん監督は『X-MEN2』や『スーパーマン リターンズ』といった超大作で脚本を担当しておりますし、『ブライアン・シンガーの トリック・オア・トリート』といったホラー映画の監督もされ、気鋭のクリエーターであることは知られています。それでも予算2億ドル規模の映画の監督に起用されるということは、抜擢という見方ができますがいかがでしょうか。

小さい作品でも大きな作品でも、感じるストレスやプレッシャー、情熱というのはみんな同じです。『スター・ウォーズ』のヨーダも言っていましたが、サイズは関係ないんです(笑)。

だから企画の大小にかかわらず、同じ情熱でやっている。ただ、確かに『ゴジラ』の場合は、65年の歴史もあるし、世界中に熱いファンがいるので、ほかの作品に比べるとプレッシャーは大きいかもしれません、でも個人的には映画の規模や、制作費の大きさなどは関係ない。監督にとっては、どの作品も大きく感じるものですから。

次ページ若手監督起用は伝統?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • カラダとおカネのよもやま話
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。