ゴジラが「キングオブモンスターズ」の真の理由

ハリウッド版新作の監督語るゴジラへの情熱

5月31日から公開の『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』。公開3日間の興行収入は2014年の『GODZILLA ゴジラ』や2016年の『シン・ゴジラ』を上回っている(写真:©2019 Legendary and Warner Bros. Pictures. All Rights Reserved.)
1954年に誕生、これまでに30作以上のシリーズが製作され、日本国内のシリーズ累計動員数が1億人を突破している怪獣映画の金字塔『ゴジラ』。2014年にはハリウッドが映画化した『GODZILLA ゴジラ』が公開され、全世界興行収入530億円という大ヒットを記録した。そしてゴジラ生誕65周年という記念すべき年となる2019年、続編となる『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』が公開。日本でも公開3日間で興行収入9億円を超える大ヒットを記録している。そこで今回、マイケル・ドハティ監督に、日本が誇る国民的アイコンである『ゴジラ』への思いを聞いた。

小さい頃からの願いがかなった

――世界中で人気のある『ゴジラ』映画のオファーを受けたときはどうでしたか。

とてもワクワクしたし、緊張感もありました。でもいちばん大きかったのは、小さい頃からの願いがかなったということ。子どもに戻ったような気持ちでした。

この連載の過去記事はこちら

――もちろん監督は『X-MEN2』や『スーパーマン リターンズ』といった超大作で脚本を担当しておりますし、『ブライアン・シンガーの トリック・オア・トリート』といったホラー映画の監督もされ、気鋭のクリエーターであることは知られています。それでも予算2億ドル規模の映画の監督に起用されるということは、抜擢という見方ができますがいかがでしょうか。

小さい作品でも大きな作品でも、感じるストレスやプレッシャー、情熱というのはみんな同じです。『スター・ウォーズ』のヨーダも言っていましたが、サイズは関係ないんです(笑)。

だから企画の大小にかかわらず、同じ情熱でやっている。ただ、確かに『ゴジラ』の場合は、65年の歴史もあるし、世界中に熱いファンがいるので、ほかの作品に比べるとプレッシャーは大きいかもしれません、でも個人的には映画の規模や、制作費の大きさなどは関係ない。監督にとっては、どの作品も大きく感じるものですから。

次ページ若手監督起用は伝統?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 日本と中国「英語教育格差」
  • 検証!ニッポンの労働
  • 岐路に立つ日本の財政
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
文具業界を揺るがす動乱<br>「コクヨvs.プラス」の全真相

昨年末のぺんてる株をめぐる文具2強によるプロキシーファイト(委任状争奪戦)。両社のバトルには、8月に設立したプラスの卸子会社が2年前の計画で一度頓挫していたことにも伏線が。縮小する文具業界再編をめぐる壮絶な主導権争いに迫ります。