「東映まんがまつり」29年ぶり復活の意外な背景

映像配信の進化がオムニバス作品の需要生む

短編のアニメ作品をオムニバスで上映する「東映まんがまつり」が29年ぶりに復活、4月26日から公開中だ ©2019東映まんがまつり製作委員会

1960年代から1980年代にかけて「東映まんがまつり」という子ども向け映画上映プログラムがあった。その頃に子ども時代を過ごした40~60歳代の人にはなじみがあるかもしれない。

子どもに大人気の「おしりたんてい」など4本立て上映

「仮面ライダー」「マジンガーZ」「魔法使いサリー」「キン肉マン」「ドラゴンボール」「聖闘士星矢」「がんばれ!!ロボコン」など、世代によって思い起こす作品はそれぞれ異なるだろうが、男児向けアニメ、女児向けアニメ、特撮、ドラマ作品など幅広いジャンルの作品を何本かまとめて上映する玉手箱のような映画上映プログラムだった。

劇場には、お小遣いを握りしめた子どもたちが大勢詰めかけていた。初めて劇場で観た映画は「東映まんがまつり」だった、という人も多いのではないだろうか。

そんな「東映まんがまつり」が29年ぶりに復活することが決定、4月26日より全国100館以上の映画館で上映されている。

子供たちに爆発的人気を得ている「おしりたんてい」が初の映画化 ©2019東映まんがまつり製作委員会 ©トロル・ポプラ社/おしりたんてい製作委員会

今回のラインナップは、まず、幼児から小学校低学年の男女を中心に爆発的人気を得ている名探偵「おしりたんてい」の活躍を描く、『映画 おしりたんてい カレーなる じけん』。そして『月刊コロコロコミック』(小学館)に連載中で、釣りへの情熱は誰にも負けない少年トッタが、謎の海域に潜む超大物「“神(しん)”海魚ポセイドン」に挑む『映画 爆釣バーハンター 謎のバーコードトライアングル! 爆釣れ!神海魚ポセイドン』

さらには、おかしくてキュートな3姉妹の日常を描いた『えいが うちの3姉妹』と、ダンボールから作られた冒険家コンビ、ネコのヤマオリ、イヌのタニオリが伝説のお宝を探しに、ダンボール惑星を大冒険する『りさいくるずー』という4本立てだ。

次ページ子供たちの視聴環境が変化
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • グローバルアイ
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT