「きかんしゃトーマス」が国連SDGsと組んだ理由

ジェンダーバランス配慮で女の子ファン拡大

4月5日に公開予定の映画『映画 きかんしゃトーマス Go!Go!地球まるごとアドベンチャー』は、シリーズで初めてトーマスが世界を旅するストーリーになっている ©2019 Gullane(Thomas)Limited.

今から70年以上前に絵本から誕生した「きかんしゃトーマス」は、500本を超えるオリジナルテレビ番組、12本の長編映画のほか、アプリや玩具、グッズ、書籍、実写など、多くの形態で親しまれ、全世界160の国と地域で展開している。

特に30年以上前にイギリスで制作・放送が始まった幼児向けテレビアニメシリーズ「きかんしゃトーマスとなかまたち」は、日本でも毎週日曜日にEテレで放送中。世界でもおよそ160の国や地域、55カ国語で視聴されるなど、世界的な知名度を誇っている。

そんな「きかんしゃトーマス」シリーズと国連が、このたび共同企画でタッグを組むことになった。4月5日から公開中の映画『映画 きかんしゃトーマス Go!Go!地球まるごとアドベンチャー』と、4月7日(日)からEテレで放送開始となるテレビアニメ新シリーズでは、2015年9月に国連で採決されたSDGs(17の持続可能な開発目標)にちなんだエピソードを展開している。

SDGsの目標をストーリーに織り込む

SDGsが提唱する「ジェンダー平等を実現しよう」「住み続けられるまちづくりを」といったモチーフを物語に織り込むことで、アニメを通じて、世界中の子どもたちに地球を守るための大切なメッセージを伝えていくこととなる。

次ページ保護者も楽しめる作品
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT