映画「この世界の片隅に」配給会社のこだわり

株価は5割増の爆上げ、東京テアトルの貢献

 絵を描くのが好きな主人公すず ©こうの史代・双葉社/「この世界の片隅に」製作委員会

快進撃といえるだろう。12月3~4日の週末の国内映画興行収入ランキング(興行通信社調べ)によると、アニメ映画『この世界の片隅に』が第4位にランクインした。

ミニシアターを中心としたインディペンデント(独立系)作品ながら、11月12日の公開以降、SNSなどの口コミで「感動した」などの評判が拡散し、興行収入は4.5億円を突破(12月4日時点)。観客動員数は32万人を超えている(同日時点)。

すでにミニシアターでは立ち見が出る盛況ぶり。週末には複合型映画館(シネコン)でもチケットの売り切れが目立っている。上映館数も公開当初は63館だったが、すでに80館を超え、年明けに向けてさらに拡大する見通しだ。

株価が9年ぶりの高値に

映画は太平洋戦争前後、広島市から呉市に嫁いだ主人公の女性すずの物語。当時の町並みや暮らしの様子を丁寧に描き、観ていると戦時中の広島にタイムスリップしたような錯覚に陥る。

8月6日の原爆投下の日の様子も、現地の被害を生々しく描くのではなく、呉市からみた原爆の様子をリアルに描き切っている。映画プロデュース会社がネット上で資金を募る「クラウドファンディング」で制作資金の一部を集め、片渕須直監督が6年間かけて映画化した。執念の一作は見事に観客の心に響き、人気を広げている。

『この世界の片隅に』のヒットで、株価が大きく上昇した会社がある。配給会社であり、自社映画館で興行も手掛ける東京テアトルだ。同社にとって『この世界の片隅に』は70周年記念作品。そのヒットで株価は11月半ばの120円前後から11月末には一時200円超えと約9年ぶりの高値に上昇。その後も190円前後の高値を維持している。

次ページ東京テアトルはどんな会社なのか
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
  • 子育てと介護「ダブルケア」の現実
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
中国を知り尽くす異能の外交<br>官 垂秀夫 新中国大使

中国に幅広い人脈を持ち、アグレッシブな仕事ぶりで知られてきた垂秀夫・在中国大使。世界情勢が激動する中で国力差が開く日中関係をどう舵取りするのでしょうか。中国が最も恐れる男が日中関係のリアリズムを語ります。

東洋経済education×ICT