映画「この世界の片隅に」配給会社のこだわり

株価は5割増の爆上げ、東京テアトルの貢献

 絵を描くのが好きな主人公すず ©こうの史代・双葉社/「この世界の片隅に」製作委員会

快進撃といえるだろう。12月3~4日の週末の国内映画興行収入ランキング(興行通信社調べ)によると、アニメ映画『この世界の片隅に』が第4位にランクインした。

ミニシアターを中心としたインディペンデント(独立系)作品ながら、11月12日の公開以降、SNSなどの口コミで「感動した」などの評判が拡散し、興行収入は4.5億円を突破(12月4日時点)。観客動員数は32万人を超えている(同日時点)。

すでにミニシアターでは立ち見が出る盛況ぶり。週末には複合型映画館(シネコン)でもチケットの売り切れが目立っている。上映館数も公開当初は63館だったが、すでに80館を超え、年明けに向けてさらに拡大する見通しだ。

株価が9年ぶりの高値に

映画は太平洋戦争前後、広島市から呉市に嫁いだ主人公の女性すずの物語。当時の町並みや暮らしの様子を丁寧に描き、観ていると戦時中の広島にタイムスリップしたような錯覚に陥る。

8月6日の原爆投下の日の様子も、現地の被害を生々しく描くのではなく、呉市からみた原爆の様子をリアルに描き切っている。映画プロデュース会社がネット上で資金を募る「クラウドファンディング」で制作資金の一部を集め、片渕須直監督が6年間かけて映画化した。執念の一作は見事に観客の心に響き、人気を広げている。

『この世界の片隅に』のヒットで、株価が大きく上昇した会社がある。配給会社であり、自社映画館で興行も手掛ける東京テアトルだ。同社にとって『この世界の片隅に』は70周年記念作品。そのヒットで株価は11月半ばの120円前後から11月末には一時200円超えと約9年ぶりの高値に上昇。その後も190円前後の高値を維持している。

次ページ東京テアトルはどんな会社なのか
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 令和を生きる若者のための問題解決法講座
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
老舗「レナウン」が経営破綻<br>アパレル淘汰・再編の序章

名門アパレルのレナウンが民事再生の手続きに入りました。親会社「山東如意」が再建に見切りをつけ、新たなスポンサー探しは難航が予想されます。ほかのアパレルも店舗閉鎖や売り場撤退が予定され、百貨店に多大な影響が出そうです。