「ネットで資金調達」はアニメの新潮流になるか

消費者有利の時代を逆手に取った作品づくり

クラウドファンディングによって資金調達し、『CHIKA☆CHIKA IDOL』というアニメの新作をつくろうとするプロジェクト

今、世界的にクラウドファンディングが注目されている。

クラウドファンディングとは、プロジェクトや製品などを作るための資金を銀行などから借り入れるのではなく、インターネットを使って消費者に直接アピールし、先払いのような形で支払って資金を集める調達法であり、日本でもさまざまな成功例がある。

アニメやゲームで多くの成功事例

積極的に利用されているジャンルの一つがアニメやゲームの制作だ。たとえば、Windows用ゲームソフトとして発売された『Dies irae』は、アニメ化プロジェクトとして9650万円を集めた。ほかにも、『バーチャファイター』シリーズなど、多数のヒットゲームを制作した鈴木裕によるコンシューマ機向けゲーム、シェンムーシリーズの続編『シェンムー3』は633万ドルを調達した。『夕凪の街 桜の国』で知られる、こうの史代原作作品『この世界の片隅に』のアニメ映画化には3622万円が集まった。

また、そこまで金額は大きくないが、アニメやマンガ作品のキャラクターグッズなどが、クラウドファンディングの形で制作されていたりするし、僕の知人などは過去に発売されたカードゲームのリメイクをクラウドファンディングで行っていた。

次ページ「リスクを全部取っていく」の真意とは
人気記事
トピックボードAD
  • 礒部公一のプロ野球徹底解説!
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
  • 就職四季報プラスワン
  • 地方創生のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SONY静かなる再興<br>自動車ビジネスに本腰

「人命にかかわる事業はやらない」という不文律を破り、車載製品に本格参入するソニー。今後3年で1兆円を投資する主軸、得意の画像センサーを自動運転システムに展開する。最高益のその先を支えるカネのなる木となるか、禁断の果実か。