ソニーの新兵器「プレステVR」は"別格"だった

VRディスプレイの本命は他社と何が違うのか

すでに複数のVRディスプレイが世に出ているが、プレイステーションVRは先行していたものとは別格だ。いったい何がスゴイのだろうか(写真:REUTERS/Benoit Tessier)

サンフランシスコでは3月14~18日の日程で、コンピュータゲーム開発者向け会議「Game Developers Conference 2016」が開かれている。今回のイベントでは、バーチャルリアリティ(仮想現実)ディスプレイを活用したゲーム、インタラクティブコンテンツ、そして対応ハードウェアの話題で持ちきりだ。

フェイスブックが巨費を投じて買収したOculus Riftや台湾HTCのViveといったバーチャルリアリティディスプレイが一般向け発売を控えているタイミングでもあり、VRはすでに大きな話題になっていた。

年内に発売されるタイトルだけで50本超

10月には発売される予定だ(写真:REUTERS/Noah Berger)

3月15日、そうしたブームに"着火"をしたのがソニー・コンピュータ・エンタテインメント(SCE)が満を持して明らかにした「PlayStation VR(PSVR)」である。

かつて”Project Morpheus”と呼ばれていたPSVRは、SCEのコンソールゲーム機「PlayStation 4」とともに機能する。価格はPlayStation 4本体よりも高価で4万8578円。発売は10月の予定だ。

ここ数年、SCEはハードウェアとしてのPSVR開発と並行して、ゲーム開発メーカーなどと共にバーチャルリアリティディスプレイを活用したゲーム、インタラクティブコンテンツの開発を行ってきた。

PSVRの発表で驚かされたのは、賛同するゲーム、コンテンツパートナーが極めて多いことだ。国内34社をはじめ、グローバルでは230社以上がPSVR向けにゲーム、コンテンツを開発しており、その数は増加し続けているという。主要なゲーム開発会社のほとんどがPSVR向けに何らかの開発を行っていると言っても過言ではない状況で、年内に発売されるタイトルだけで50本を越えるという。

なぜここまで、ゲーム産業がバーチャルリアリティに熱狂しているのだろうか。

次ページなぜ熱狂しているのか
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 北朝鮮ニュース
  • 就職四季報プラスワン
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 貧困に喘ぐ女性の現実
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日産 危機の全貌<br>ゴーン追放 修羅場が迫る

19年間トップに君臨したカルロス・ゴーン氏が失脚。逮捕、そして解任という前代未聞の事態は実は序章にすぎない。カリスマの追放で日産自動車はこれからどうなるのか。日産に渦巻く危機の全貌を探る。