ソニー「プレイステーションVR」は399ドル

今年10月に仮想現実ゲーム機を発売

3月15日、ソニーは開発中の仮想現実(VR)ゲーム機器「プレイステーションVR」について、今年10月に世界で発売すると発表した。パリで昨年11月撮影(2016年 ロイター/BENOIT TESSIER)

[サンフランシスコ 15日 ロイター] - ソニー<6758.T>は15日、開発中の仮想現実(VR)ゲーム機器「プレイステーションVR」について、今年10月に世界で発売すると発表した。価格は399ドル、日本では4万4980円。

すでに230人以上の開発者がコンテンツの構築に取り組んでおり、発売日までに50のゲームがそろう見通しという。

また、ゲーム開発会社EAスポーツと映画製作会社ルーカスフィルムと提携し、プレイステーションVR専用のゲームとして「Star Wars バトルフロント」を発売する予定という。

ソニーのゲーム子会社ソニー・コンピュータエンタテインメント(SCE)のアンドリュー・ハウス社長は、価格について、機器の素早い利用拡大につながるよう設定したと述べた。

フェイスブック傘下でVR端末を手掛けるオキュラスのヘッドセット「オキュラスリフト」は599ドルで、ソニーの価格はこれを大幅に下回る。

人気記事
トピックボードAD
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 就職四季報プラスワン
  • 北朝鮮ニュース
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
トヨタとソフトバンク<br>入り乱れる異業種連携

「モビリティサービス会社に変わる」宣言をしたトヨタ自動車が、常に先を行くソフトバンクに頭を下げた。世界企業の合従連衡を1枚で表した「自動車・IT業界地図」に崩れる垣根が一目瞭然。