「ネットで資金調達」はアニメの新潮流になるか

消費者有利の時代を逆手に取った作品づくり

本条:というのも、企業が投資して回収するビジネスというよりは、クラウドファンディングで資金調達するところからすでにコンテンツなんですね。仮にクラウドファンディングであまり資金が集まらず、目標が達成できなかったとしても、それはそれで一つのストーリーだと思うんですよ。

例えばAKB48の最初のライブで「お客さんが7人しか集まらなかった」というのは今では語り草になっています。それと同じような1つのストーリーなのではないかと。クラウドファンディングで成功しようが失敗しようが、それは年表に刻まれるんですよ。

クラウドファンディングも年表に刻まれるイベント

消費者有利の時代を逆手にとって、新しいコンテンツのかたちを探る『CHIKA☆CHIKA IDOL』

――いま、クラウドファンディングをやっていることが、『CHIKA☆CHIKA IDOL』にとって、年表に刻まれるイベントであり、宣伝であると。

本条:「事件を起こすこと自体が、これからのコンテンツなのではないか?」という気持ちがあるんですね。

最近の音楽フェスとかアニメもそうなんですけど、「現実社会においてどういうムーブメントとして見られるか?」を僕は重視したいと思っています。

最初は「おカネのかからないWebマンガから始める」というやり方もありましたが、小さなコンテンツから育てて行くと言うよりは、最初から花火として打ち上げようという意識がありました。

次ページそもそも日本にはあまり寄付文化がないが
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • カラダとおカネのよもやま話
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大手から専業まで大混戦<br>中古マンション販売の隘路

新築価格が高止まりし、参入業者が急増する中古マンションの「買い取り再販」。デベロッパー自ら物件を取得し、リノベーションを施して販売する手法だ。価格上昇や売れ残り増加など懸念材料も出現、手放しでは喜べない活況の裏側を描く。