映画「この世界の片隅に」配給会社のこだわり

株価は5割増の爆上げ、東京テアトルの貢献

姪っ子の晴美にも戦火が・・・。 ©こうの史代・双葉社/「この世界の片隅に」製作委員会

2013年に手放した銀座の自社ビルの売却資金も投じ、作品性の高い映画に出資し、配給権を獲得してきた。『この世界の片隅に』はそうした一連の取り組みが結実した作品なのだ。

しかし、元々はミニシアターの小規模公開から始まった作品。上映館数が広がってはいるとはいえ、東宝の『君の名は。』の観客動員数1500万人超、興行収入200億円超とは桁が異なる。「配給の手数料も興行収入の一部に過ぎない。業績影響はまだ限定的」と新井氏は語る。

時価総額は足元147億円と、11月初旬から30億円近く膨らんでいる。今後株価に見合うだけの業績影響が及ぶのか。それはひとえに『この世界の片隅に』のロングラン、さらなるヒットに懸かっている。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 最強組織のつくり方
  • 最新の週刊東洋経済
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「ニッポン半導体」敗北の真相
「ニッポン半導体」敗北の真相
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT