映画「この世界の片隅に」配給会社のこだわり

株価は5割増の爆上げ、東京テアトルの貢献

姪っ子の晴美にも戦火が・・・。 ©こうの史代・双葉社/「この世界の片隅に」製作委員会

2013年に手放した銀座の自社ビルの売却資金も投じ、作品性の高い映画に出資し、配給権を獲得してきた。『この世界の片隅に』はそうした一連の取り組みが結実した作品なのだ。

しかし、元々はミニシアターの小規模公開から始まった作品。上映館数が広がってはいるとはいえ、東宝の『君の名は。』の観客動員数1500万人超、興行収入200億円超とは桁が異なる。「配給の手数料も興行収入の一部に過ぎない。業績影響はまだ限定的」と新井氏は語る。

時価総額は足元147億円と、11月初旬から30億円近く膨らんでいる。今後株価に見合うだけの業績影響が及ぶのか。それはひとえに『この世界の片隅に』のロングラン、さらなるヒットに懸かっている。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 御社のオタクを紹介してください
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 若者のための経済学
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
親子で話し合う<br>相続・終活・お墓

親子の3大難題を解決に導く決定版。相続で「もめない」23の鉄則、子や孫が助かる「生前贈与」のフル活用法、財前直見さんが勧める「ありがとうファイル」の作り方、「免許返納」で親を説得するポイントなど最新情報を満載。

  • 新刊
  • ランキング