「米津玄師」が年間音楽チャートを制した理由

スマホ起点のヒット曲、「ソロ」「孤独」に注目

シングルでもアルバムでも強さを見せつけた米津玄師。スマホを起点としたヒットを生み出すアーティストの代表格だ(撮影:Jiro Konami)

2018年の音楽ヒットチャートトップは、米津玄師(よねづ・けんし)の『Lemon』、2位はDA PUMP『U.S.A.』、3位は欅坂46『ガラスを割れ!』――。

ビルボードジャパン(運営会社:阪神コンテンツリンク)が発表する年間ヒットチャート「Billboard Japan Hot 100」(集計期間2017年11月27日~2018年11月25日)には、今年もユニークな顔ぶれが並んだ。

チャート順位はCD販売枚数に加え、ダウンロード数やストリーミング再生回数、ラジオのオンエア回数、ルックアップ数(パソコンによるCD音源の取り込み回数)、ツイッターのツイート数(アーティスト名と曲名)、YouTubeとGYAO!でのミュージックビデオ視聴回数など、複数の指標を基に算出されている。

CDだけが基準じゃないヒットチャート

複合チャートは、CDが売れているだけでは上位にランクインできない。どれだけ多くのユーザーが楽曲を聴いたり、話題にしたり、購入したりしたのか。“接触”と“所有”の総合力が問われる。また、発売期間を限定していないため、何年も前に発売された曲や、発売前の新曲がランクインすることも特徴といえる。

ビルボードの複合チャートで総合2位となったDA PUMP『U.S.A.』は、CD販売以外が順位を押し上げたヒットだ。SNSで話題になり、動画の再生数が1億8000万回以上と急伸。その後、ストリーミングとダウンロードでロングヒットとなった。再ブレークとなった荻野目洋子『ダンシング・ヒーロー』(総合23位)と似た形だ

2018年はどんな傾向がみられたのか。ビルボードジャパンの礒﨑誠二事業部長は「今年の傾向を語るうえで外せないのが、米津玄師や星野源といったソロアーティストの活躍だ」と話す。

総合1位を獲得したのは米津玄師の『Lemon』。3月から放送されたTBSの金曜ドラマ「アンナチュラル」の主題歌だ。CD販売では12位にとどまったが、デジタル面で強かった。ビデオ再生回数では唯一2億回を超え1位。ツイート数、ルックアップ、ダウンロードでも1位を獲得し、他を寄せ付けなかった。ビルボードのトップ10位以内には41週連続でとどまり、文字どおりのロングヒットとなった。

次ページ米津玄師が100位圏内に8曲
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
消える仕事、残る仕事<br>1億人の「職業地図」

コロナ、AI、脱炭素――。私たちの雇用を取り巻く環境が激変しています。今後、どんな職業を選ぶかは死活問題に。2030年に向け「消える仕事」「残る仕事」36業種、「会社員の価値」がわかる9職種を掲載。本特集が職業を改めて考える機会になれば幸いです。

東洋経済education×ICT